GA文庫<br> 中古でも恋がしたい!10

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
中古でも恋がしたい!10

  • ISBN:9784797391558

ファイル: /

内容説明

「……ねえ、優佳を選んで清一くん」
優佳と清一が二人でお忍びデートだと? そんなのアリかぁぁぁぁ!!
波乱だらけの修学旅行は【奈良編】に進み、清一を数多の試練が襲う!?
そんななか、清一は古都子と仲直りを兼ね、2度目の別行動に出かけるが、古都子は切ない表情のまま。
「……何かしら不満があった、ってことなのかなぁ」
『戦百』の聖地巡礼が出来なかった心残りを清一は心配するが、古都子は儚く笑って否定するだけで……。
「この我が儘を許してください!」
修学旅行の終わり間際、古都子の本心に気付いた清一が驚きの暴挙に――
『実は一途な純情乙女?』系ラブコメ、清一が主人公しちゃう第10弾!! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
波乱だらけの修学旅行奈良編。今度は優佳と清一が二人でお忍びデートに出かけることになり、さらに清一と古都子は仲直りを兼ねて二度目の別行動に出かける第六弾。わりと大胆に猛アタックしていた優佳の心情には泣かされましたけど、教師陣とのやりとりや修学旅行を通じての様々な経験もあってか、あれだけ頑なだった清一のありようも明確な答えこそ見いだせていないもののだいぶ変わってきましたね。女性陣もそれぞれ頑張る姿がとてもいいですし、決断にはもう少し時間が必要なのかもしれないですが、納得の行く結末が読めるといいなと思えました。2017/06/14

真白優樹

18
修学旅行も後半戦、優佳と清一がデートする中、清一が古都子を思い走り出す今巻。―――想いを、覚悟を決めて、その一歩を。優佳の怒涛の攻勢、そして清一の精一杯の暴走が光る今巻。今まで度々ビシッと決めてきた清一の、確かな成長と心の変化が嬉しく感じられるのはここまで共に歩いてきたからか。大人達も負けてられぬといい所を見せ始め、古都子と優佳も複雑に揺れ惑いながら、それでも幸せを掴み取る為努力する。そんな中で、変わらぬ妹との接近を余儀なくされる日。そこにはどんな波乱とどんな一歩が待っているのか。 次巻も楽しみである。2017/06/17

ツバサ

15
清一が主人公として一本立ちした巻。もう古都子ルートは確定的だが、妹の聖美の事が明かされてないので、これからも目が離せませんね。そして学園モノで教師陣で生徒への理解を示すのは珍しくて良かったです。もうここまで来たらこの作品の最後まで付き合いましょう。2017/06/15

nawade

13
★★★☆☆ 修学旅行編後編。前半は私のターンだとばかりに初芝が猛アタック!聖女の如く、そして小悪魔の如く、魅惑のボイスで 迫る初芝が強烈すぎる。男を甘やかせるタイプだし、清一はよく流されないものだ。勝てない勝負に挑む理由という心情もいい。可愛いだけじゃなくって格好良さもあるんだよな。対して後半の琴子とのデートは等身大な感じで微笑ましい。田所先生が大人な対応で格好良かった。ReDropさんのイラストが色鮮やかで凄く精錬された感じに成長してて眼福でした。2017/06/14

まるぼろ

12
修学旅行編後編、主に優佳と古都子との其々の別行動がメインの巻です。何がどう進展があったという訳ではないですが、其々の気持ちの方向性がはっきりと分かった気がして面白かったです。清一の気持ちはともかくとして古都子と優佳が細絵さんに同じ様な心情を話していた事が興味深かったです。そしてそんな細江さんは三賀本と上手くいった様でおめでとう御座います…w 何はともあれ清一の方にも変わりたいと言う気持ちがはっきりと見て取れたのでこの先どう話が進展するのかが楽しみです。次巻は聖美がメインの話なのですかね、楽しみです。2017/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11877983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。