陸上競技 走跳投に必要なトップスピードを高める練習

個数:

陸上競技 走跳投に必要なトップスピードを高める練習

  • ウェブストアに47冊在庫がございます。(2017年11月23日 05時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784583110738
  • NDC分類 782
  • Cコード C2075

内容説明

インターハイ総合優勝6回の実績を誇る洛南高校の強さを支える練習法。走跳投、どの種目にも必要なトップスピードを高める練習法を紹介!合宿練習を公開!練習メニューの組み方も掲載。

目次

第1章 基本練習
第2章 短距離練習
第3章 専門練習
第4章 鍛錬期練習
第5章 補強練習
第6章 練習計画とメニューの組み方

著者紹介

柴田博之[シバタヒロユキ]
1963年生まれ。京都府城陽市出身。中学時代は走高跳の選手として活躍し、洛南高校に進学後は走幅跳に転向。インターハイ2位の実績を持つ。天理大に進学し、日本インカレでも優勝。卒業後は、現役を続けながら母校・洛南高校の教員となった。88年日本選手権で日本人史上3人目の8mジャンパーとなる8m04を跳んで初優勝し、同年のソウル五輪に出場した。92年に現役を引退し、指導に専念。2012年新潟インターハイで、24年ぶりの男子総合優勝(3回目)を果たすと、13、15、16年にも総合優勝を成し遂げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)