不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,018
  • Kinoppy
  • Reader

不運と思うな。大人の流儀6 a genuine way of life

  • 著者名:伊集院静【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 講談社(2017/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062201575

ファイル: /

内容説明

不運と思うな。誰しもがつらい時間と遭遇しているのが人生だ。それでも懸命に生きていけば必ず、君に光を与えてくれる。その時、あの時間が不運だとは思わないはずだ。――愛する人と別れ、大切な家族をなくし、夢破れ、道を失っても、人はまたいつか、ちがう幸せを手にする。生きる勇気が湧いてくる。感動の1冊、ベストセラーシリーズ待望の第6弾!

目次

第一章 不運な人生などない
第二章 切ない時間がすぎて
第三章 生きた証し
第四章 君が去った後で

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

156
伊集院静さんのエッセイ集。私自身の経験や置かれている状況から、第一章「不運な人生などない」が特に心に残った。人生は、当たり前だが辛い時期もあれば、光がさす時期もある。その繰り返しだと思う。辛い時期に過去を振り返っても、何にもならない。過去ばかり見ていては、人生が停滞するばかり。少しは立ち止まってもいい。だが人生は一度きり。変わらぬ明日が来るかは分からない。反省して、自分を見つめ直して、明るい将来を信じて歩く。辛くても胸を張る。周囲に配慮する。不運などという不確かなものは無い。人生は自分の手で切り開こう。2017/01/28

starbro

139
伊集院静は、小説・エッセイ問わず、新作中心に読んでいる作家です。大人の流儀シリーズを読み続けて、6作目まで来ました。これからも可能な限り書き続けて欲しいと思います。ブレない安定感の伊集院静節炸裂で、共感出来る話が多いですが、スマホのゲームに対する見解とベッキーの不倫報道に関しては、100%全く同意見です!2016/08/28

ケイ

134
説教臭い、高飛車、お前何様だ、語りが上から目線過ぎるだろう。伊集院氏のエッセイを読むたびに思うこと。しかし今回は、郷愁が、淋しさが全体に漂う。3.11に仙台の自宅で被災され、そのことを、それまでに逝った親しい人への想いとともに吐き出しているのだろうか。若い人への厳しいメッセージだけでなく、強いエールも感じる。これからの日本を託したいのだろう。肯定、包み込み、優しさ。本来、彼が恥ずかしがって出さないような感情が吐露されている。これはこれでとてもいい。2016/12/18

mura_STEPUP

111
伊集院さんは、エッセイだけで2冊目。1トピック数ページ。不運を「不運と思わないこと(もっと不運の人が大勢いる)」と。心の持ちよう。著者自身20歳の時、実弟が海難事故で亡くなり、学校の先生から教えをうけた。東日本大震災の時に仙台にいた体験。浅草の下町で鶏鍋なんて行ってみたい。亡くなった人が話の中で多く出てくる。ゴルフも少し出てきます「ゆっくり振ること」ですか。今夏には屋形船、乗りたいなあと思ったりも。なんだ本読んで不運を感じない方向に。そうなんです、生きる力をいただいたのです。図書館リサイクル本。2020/04/24

おしゃべりメガネ

106
シリーズ第6弾です。「不運と思うな」ときましたか〜。ついつい、何事につけても良くない方へ物事が転がると『ツイてないな』と思ってしまいます。そういう考え方やキモチは極力控えて、そういう運命だったんだと切り替えていくしかないのかもしれませんね。本作は過去の作品に比べて、「家人」の出番?がちょっと少なく感じたのが残念でした。クールな「家人」の一言が、もはや楽しみになってしまっています。作者さん本人もですが、飼い犬たちも年齢を重ねて、やはり時の流れには抗えないですね。本作でも震災のコトについて、書かれています。2019/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11054353

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。