江の島ワイキキ食堂(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy

江の島ワイキキ食堂(9)

  • 著者名:岡井ハルコ
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 少年画報社(2016/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784785957742

ファイル: /

内容説明

ワイキキ食堂のオードリーは人語が話せる不思議な猫。飼い主・頼ちゃんのお店のお手伝いから頼ちゃんをとりまく人々のお世話までこなします!かつてカタバミという名で過ごした過去も明かされ、改めてオードリーとして今を過ごすことを決めるが!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しいたけ

80
「過去編」が終わり、ファンタジーに拍車がかかった感がある。実は喋れる猫なんたから、もともとか。「変な夢を見るチーズ」を食べた頼さん。この状況にのっかって喋るオードリー。「猫と話ができたらなあ」と思っていたのに、実際話したら何でもないことしか話さない。長年連れ添った夫婦のよう。うちはそれさえないけれど。何だか、そこにじわ〜っときた。オードリーと頼さんは対等なのだ。「1年くらい家出してたじゃん。どこ行ってたの?」「覚えてない」。ああ、過去編に繋がった。切ないなあ。2020/05/29

wata

53
花魁からも正助さんからも愛されてたカタバミ。でも二人とも死んでしまったんだから生き続けるならオードリーとして頼さんと一緒に♪まだ続くのね(笑)2016/11/27

くりり

51
オードリーとして頼の元に戻ってきました。でも全部忘れたのか~(笑)終わるかと思ってたけど、これからどうなるの?サンタさんも早めに出てきたのに...2016/11/27

るぴん

30
レンタル。4〜9巻通読。ワイキキ食堂の看板猫・オードリーののほほんとした現代編と、カタバミとして花魁・東雲の相棒だった江戸編の、あまりのシリアス展開にびっくり!最終回のようだったけれど、まだ続くのね。辺津宮の女神様に預けられた願い玉が鍵を握ってそう。大好きな頼ちゃんのために一生懸命奮闘するオードリーが大好きだ♫2017/01/28

ゆんこ姐さん@文豪かぶれなう

29
やっと!オードリーのよりちゃんとの江ノ島での生活が戻ってきたよー!江戸編カタバミでそのまま終わるんかと思ったわ!長かった江戸編…まあ悪くはなかったけど。よりちゃんとのことを全て忘れて戻ってきても、あっという間に元どおりのオードリーである。可愛いよ〜腹黒だけど可愛い。今回、当たりくじの話が良かった。ほんとどんな気持ちでニートしてたんだか…。あとは、猫かぶりしてた子。ちゃんと主人を健康に痩せさせてしかもイケメンに笑。でも全体的にコミカルで安心ε-(´∀`*)ホッ2016/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10802840

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。