中間管理録トネガワ(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥621
  • Kinoppy
  • Reader

中間管理録トネガワ(3)

  • ISBN:9784063828337

ファイル: /

内容説明

帝愛幹部・利根川幸雄の行く先は、一寸先も予測不能っ…! 就活の春…! 今明かされるブラック企業・帝愛の入社システム…! 奮闘の夏…! 宿敵・黒崎との一進一退の出世レース…! 欲の秋…! すきっ腹にガッツリ、大盛りチャレンジ…! 煩悶の冬…! 限定ジャンケン予行演習、理外の緊急事態!? 『カイジ』の悪魔的スピンオフ、激走第3巻…!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Nishiuchi130

42
「カイジ」の悪魔的スピンオフ。出オチだとおもったのにまだまだ面白い不思議w多重債務者の講義がおもしろすぎた。接待の話もカツ丼の話もおもしろかったし、全体的にクオリティが下がらない。カイジを読んでないと面白さ8割減だろうとは思うが、ここまで徹底してギャグにされてOKな福本さんもやはり只者ではない。まさに「悪魔的」。2017/11/12

カラシニコフ

31
黒崎、良いなぁ。 ★★★★☆2017/01/04

鱒子

23
面白かったんですが、ものすごい爆発力の1巻と比べると、落ち着きすぎです。ちょっと先行き不安です。2017/01/13

Yobata

22
利根川、苦悩の中間管理職ギャグ第三弾。本編から悪徳金融の遠藤,帝愛No.2候補黒崎,沼のカジノ店長一条も参戦した今巻。接待沼の一条の接待下手は確かに逆に子供扱いしてるみたいで…一条もアホだったんだね。黒崎とのNo.2争い,会長のご機嫌伺い食事は面白かった。機嫌のラインが全くわからない苦悩はまさに管理職ならではwそしてまさかの海老谷再登場で、相変わらずおかしい方向にぶっ飛んでたな。あのオチには爆笑した。大阪出張の木根崎もなかなかの強敵でw限定ジャンケンの集計箱の中身てマジかw?2016/08/05

アナクマ

20
いや〜、あの箱の中にね、入ってたんだね。猫とか。それと、多重債務者渡辺くんの斜め上をいく行動が、黒服に与えた影響。とは。やっぱりリハーサルはしてるんだ、でっかいイベントだしな。2017/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11083848

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。