文春文庫<br> 坂の上の雲(七)

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
坂の上の雲(七)

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • 文藝春秋(2016/01発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167105822

ファイル: /

内容説明

各地の会戦できわどい勝利を得はしたものの、日本の戦闘能力は目にみえて衰えていった。補充すべき兵は底をついている。乏しい兵力をかき集めて、ロシア軍が腰をすえる奉天を包囲撃滅しようと、日本軍は捨て身の大攻勢に転じた。だが、果然、逆襲され、日本軍は処々で寸断され、敗走する苦境に陥った。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

210
奉天会戦、逸した講和の機会、日本海海戦の直前迄。日本軍は奉天会戦で辛勝する。しかし、日本の国力は疲弊していた。特に士官や兵士の質に顕著にみてとれる。そもそも士官や兵士は速成で育成できるものではない。日露開戦以来、多大な士官や兵士が亡くなっている。補充はどうしても追い付かない。自然、軍としての質も落ちることは否めない。大東亜戦争後半にも見られた現象と言える。後は外交の難しさか。奉天会戦で掴みかけた講和の機会を、外交上の不注意もあり逸する。結果、バルチック艦隊を撃滅せねばならなくなる。民族の死闘に終焉が迫る。2018/09/08

mitei

178
奉天会戦がメインの回ここが日露戦争最大の正念場で日本海海戦がフィナーレみたいな感じに見えるなぁ。しかしロシア側の雰囲気はまさに革命前夜ってレベルで悪い状態だな。2010/01/27

ケイ

126
奉天会戦において、日本軍は五つに別れ、中央を3つが、両翼を一つずつで担うが、不運にも北からロシアの背後に回ろうとした乃木部隊を主翼と勘違いした露軍によって、乃木部隊は壊滅的は打撃を受ける。しかし、数で圧倒しているのに心理的に狼狽えたクロパトキンが退却を指示したため、かろうじて日本は一勝をあげたような形になった。ここで講和をすべきだとの声が日露双方、欧米からでるも、実らず。ロシアの艦隊はベトナムを周り、対馬に向かう。日本は、露艦隊が対馬か千島のどちらに来るか悩んだが、東郷は対馬と信じ、鎮海を動かず待った。2015/02/10

ゆか

115
前半は好古、後半は真之と、ここに来て主人公達の物語が着々と進み始めた。海でも陸でもロシアの長である彼らを、性格ごと無能呼ばわりしているのは、負けたから当然の事かもしれないけど、だからこそ日本が勝ったのは、ただのラッキーな話で、それに図に乗り後の戦争を行うべきではなかったと言われてるような気になった。友好国にも見捨てられたロシア船。この戦争は第0次世界大戦かもしれない。日本とロシアだけが戦ったのではなく、他の国の思惑に踊らされてるだけのような気が読了して感じられた。2015/08/20

壮の字

110
世界史上空前の規模の奉天大会戦。勝ったというよりも及び腰のロシア軍を追い払っただけ。ここが日本陸軍の精一杯のところである。しかし、このようやく手に入れた「六分四分」の勝利もバルチック艦隊との海戦の行方しだいでは、まったく意味をなさなくなる。その敵艦隊はようやくアジアの海に顔を出した。が、こちらも陸軍と変わらず及び腰である。これで日本海制海権完全掌握=全艦殲滅を宿命づけられた東郷艦隊と勝負になるのか。他著者の副読本で幾度となく臨んできた日本海海戦ではあるが、いよいよ司馬リョーが描く「ツシマ」をゆく。2016/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572701

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。