ヒメアノ~ル(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

ヒメアノ~ル(2)

  • 著者名:古谷実【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063617542

ファイル: /

内容説明

しょぼくれた清掃員の岡田(おかだ)君は、ユカちゃんとの恋が発展しそう。カタツムリ以下の行動力しかない安藤(あんどう)さんには、新しい恋の予感が? 一方、森田(もりた)の中で再び闇がうごめき始める。背徳という名の果実をほうばるとき、人は何を思い、何に引き込まれるのか──。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へーた

11
岡田くんと安藤さんのパート、私的にはいらないなぁ。その日常感と森田の異常差の対比がいいのかもしれないけれど。2016/07/21

かにひろ

9
しょうもないのほほんギャグストーリーと、超シリアスミステリアス殺人鬼ストーリーが交互に繰り返される。そして、それがつながり始める予感。平和な日常の片隅に眠る狂気。おもしろいし、こわい。2016/03/21

たっきん

6
森田、すがすがしいくらいの典型的なサイコパスですね。異常者が淡々と心境を語るのが好きです。安藤さんが面白くてちょっと好きになってきました。森田にユカちゃんが狙われてることが分かって不安…2013/06/18

Chako@(旧名:かど =^ェ^=)

5
漫画を登録するのがかなり久しぶりだ。クズな殺人鬼森田を森田剛さんが演じられたのね。ピンポイントでナイスなキャスティング。是非とも観なければならん。2016/07/26

ぐうぐう

5
甘い恋愛の至福と、黒く濁った悪意が放つ狂気。その隣り合わせの関係性は、ひどく軟な境界線上で区切られている。しかし何よりの問題は、そのふたつが、非日常ではなく、日常の中で隣接していることこそだ。2009/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544822

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数6件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす