角川ビーンズ文庫<br> 身代わり伯爵の結婚行進曲 VI 光と歩む終幕(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
身代わり伯爵の結婚行進曲 VI 光と歩む終幕(下)

  • ISBN:9784041032060

ファイル: /

内容説明

夢のような再会も束の間、海に消えたリヒャルト。フレッド、フィデリオ、そしてミレーユは必死に彼の姿を探すが……。様々な困難を乗り越えてきた二人に待ち受ける終幕とは!? 感動のシリーズ本編完結巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ももたろう

55
お互いを思いあう二人が本当に美しくて…泣いて笑える素敵なおとぎ話でした。「今から…俺だけのものにさせてほしい」リヒャルトの言葉の意味を察することができたなんてミレーユの成長を感じたな~!「リヒャルトって私のことが好きなの?」って言ってたのにネ~その後二人の間から毛布がなくなったのはわかったけどリヒャルトなんでああなるかなー(笑)その辺りはもう好きに妄想させてもらいます!終章がとってもよかった。リヒャルトにはこれからは喜びの涙をたくさん流してほしいです。短編集はダラステアの姫君との婚約のお話しを読みたいな。2015/11/14

ponpon

44
いよいよのシリーズ完結巻。前巻がミレーユが拉致監禁されていた船上で、リヒャルトが銃撃され転落するという緊迫した場面だったので、結末がハッピーエンドなのは分かっていても気になり、ようやく手にしました。ある物によって奇跡的に命を取り留めたリヒャルトですが、避けられぬフィデリオとの別離。涙腺崩壊です。あとは脇役の面々から祝福を受ける二人。今までの物語を思い出し感慨深い。偶然の積み重ねで出逢った2人が様々な障害、生命の危機すら乗り越えて得た幸せが永遠なれと願わずにはいられない。楽しい物語を紡いだ著者には感謝です。2021/03/18

ダージリン

44
助け出されてからの、フレッドお膳立ての暖炉の前のシーンとかとても良かった(笑)。そしてミレーユを案じていた人々との再会はしみじみしました・・・今までいろいろな騒動がありましたね。ロジオンはずっと見守ってくれてたし・・・。終わるのが惜しくてたまりませんが、幸せいっぱいのラストがやはり嬉しいです!短編集も心待ちにしています(フレッドとセシリアの話、ありますよね!)。2015/11/17

はなりん

38
はぁ~終わってしまった。本当に幸せな終わりでした。再会してからの毛布でのいちゃいちゃで遂に・・・って思ってたら、やっぱりこの二人だなぁっていう落ちで(笑)。フィデリオとの別れの場面もそれぞれの決断が切なくて、でも前を向いて未来が見える決断で素敵でた。終章での暖かく明るい未来がよかったなぁって。チビちゃん達がかわいくて、振り回される侍従や騎士達も幸せそうで。2015/11/03

絳楸蘭

31
よかったよ~!!この二人が収まるところに収まってめでたい!すべてがミレーユの望むようにはならなかったけど、これでよかったんだと思う。シリーズ最初の頃はもっと早く二人がくっつくと思っていたのに、結構道のり遠かったね。それでも、変わらない想いあう姿に救われたよなぁ。二人の家族がこれからも幸せでありますように♪短編集楽しみだ!!2015/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9881723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数27件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす