角川ビーンズ文庫<br> 身代わり伯爵の潜入

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
身代わり伯爵の潜入

  • ISBN:9784044524067

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

リヒャルトに会いたいと願い、自らヒースに攫われたミレーユ。しかし目を覚ました場所は、敵国の騎士団駐屯地だった! 不本意な特技(!?)男装を活かし、見習いとして志願したミレーユは、女の子とばれないようにしつつ、合格目指して大奮闘。しかし相手は、アルテマリス王宮にも勝る美形の曲者揃いで!? かくして、『身代わり伯爵』の大胆なスパイ大作戦がはじまる! ミレーユとリヒャルトの仲も大進展! シアラン編本格始動!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

49
表紙のシアランの軍服かっこいいな。リヒャルトに会いたいと願い、自らヒースに攫われたミレーユ。しかし目を覚ました場所は、敵国の騎士団駐屯地だった!敵国騎士団へ無事に潜入したミッシェル(ミレーユ)。何故バレないのか不思議だ。貧乳だから?第五師団のメンバー、ジャック団長もイゼルスもロジオンもアレックスもみんな好き。ミレーユのことをロジオンが影ながらサポート。リヒャルトに拒絶されても落ち込むどころか、負けず嫌いなところが勝ってしまうミレーユ。リヒャルトの拒絶は本心じゃなくて、ミレーユを想っての行動だと思う。2020/01/04

エンブレムT

40
身代わり伯爵シリーズ、第6弾。シアラン編スタート!まずは『潜入』・・・あの状態からコメディー展開をするには、新キャラを投入するしかないとは思ってましたが、ここまで仕切りなおして新しい物語を始めちゃうとはw見事なまでの反則技ですが、楽しかったです♪男として敵国の騎士団に潜入するミレーユ。王道ラブに、美形だらけの男子校に男装して転入ってな乙女好みの鉄壁ネタ!こうなってくると、騎士団内でラブ展開がないのが物足りな~い!まぁ、リヒャルトが頑張って補ってはくれましたが・・・なんだろう、やっぱり肩透かし感が(笑)2011/09/19

みぃー

24
シアラン編になって俄然面白くなってきた。ミレーユのまっしぐらぶりは見ていて微笑ましい。それにしても、最後の最後。リヒャルトとやっと会えたー。やはり遠ざけようとする彼に対しての「だけど、帰ってもあなたはいないじゃない!」のミレーユのセリフにはグッときた。強引なリヒャルトにドキッとした。そしてヴィルが男前だった!次だ次ー(笑)2014/07/08

まりもん

19
逃げたミレーユは水路で溺れてというか流されて気づいたら敵の騎士団。毎回騎士団に潜り込むのはパターンですか? 結局また男装して過ごす日々。リヒャルトの為にやっている行動なのだが危ないなぁ。また何故か筋肉仲間を舎弟にしていくのは疑問だよな。今回はとにかくシアランでちょっと情報収集を始めたというような出だし。リヒャルトと会えたのが本当に最後の数ページ。リヒャルトに突き放されても必死に力になろうとするミレーユ。帰国したと信じるリヒャルトにとって残るミレーユが人質扱いになりそうで不安だ。とりあえず近くにルーディがい2011/10/20

さや

18
★★★★★本編第6巻。リヒャルトを追ってシアラン入りしたミレーユ。しかし川に流され行き着いた先はシアラン騎士団でー…。筋肉達の“アニキ”になったミレーユ。昔から筋肉に好かれやすいって凄い才能だ。『役に立ちたい、側に居たい』というミレーユと、『愛しているから、大切だから側に居てほしくない』というリヒャルト。このすれ違いと、本心を隠したキスが悲しくて切ない。そろそろミレーユは自分の気持ちを自覚するのだろうか。付かず離れずの関係が好きだったんだけどな。イゼルスの「可愛らしいんだな」にときめいてしまった。2015/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数27件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす