ガガガ文庫<br> 七星のスバル

個数:1
紙書籍版価格 ¥652
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
七星のスバル

  • ISBN:9784094515664

ファイル: /

内容説明

また、皆に会いたいよ。

 かつて、世界的人気のMMORPG《ユニオン》において、伝説となったパーティがあった。名を、スバル。小学生の幼なじみたちで結成されたそのパーティは、〈センス〉システムを中核に置く《ユニオン》において比類なき才能を発揮、瞬く間に勇名を馳せた。ところが、プレイヤーがゲーム中に息を引き取る事故が発生。この人死事件をきっかけに、《ユニオン》はサービスを終了してしまう。
 ……時は流れ、6年後。かつてスバルの中心として活躍した天羽陽翔(あもう・はると)は、ダメダメな高校生になっていた。性格はひねて、友達はおらず、何事にもやる気がない。だが、クラスメイトに巻き込まれる形でログインした新生《リユニオン》のなかで、陽翔は信じがたい“再会”を果たす。スバルの仲間であり、リアルの幼なじみだった少女、空閑旭姫(くが・あさひ)――6年前、ゲーム中に死んだはずの彼女が、そこにいた。
「きっと夏の病だ。それかシステムエラー。むしろバグ!」
「あははっ。もう陽翔ってばどうしたの。顰めっ面なんて似合わないよ?」
――伝説は再び動き出す。革新的青春バトルオンライン!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

44
クラスメイトにクラスメイトに巻き込まれる形でMMORPG「リユニオン」にログインした高校生・天羽陽翔が、ゲームの中でかつての仲間で6年前にゲーム中の事故で死んだはずの幼馴染・空閑旭姫に再会する物語。かつての力を喪ってしまった陽翔と、6年間の記憶がなくレア能力ゆえに狙われる旭姫、そして旭姫に複雑な想いを抱くかつての仲間たち。旭姫を喪った場所・宿敵を相手にした再戦をきっかけに再び動き出す物語には期待できそうですね。旭姫を巡る謎や、共に戦ったかつての仲間たちとの因縁もありそうで、今後の展開を楽しみにしています。2015/10/29

まりも

43
MMORPGで幼なじみを失い、気力を失った少年が偶然始めたゲーム内で死んだ筈の幼なじみと再会する事で始まる話。物語の設定、展開共に超王道的な作品。最初はやる気のなかった陽翔が、一度失った幼馴染、仲間との絆を今度こそ失わない為に再び気力を取り戻す姿は熱くてカッコよかったですね。ただ主人公たちの人間関係が小学生時代から拗れている所は読んでいて引っかかりましたが。道を違えたかつての仲間たちの動向、旭姫に隠された秘密がどうなるのか。今後の展開が楽しみです。2015/08/20

アウル

30
なかなか面白かった。6年前に幼馴染達とプレイしていたMMORPGで1人の幼馴染がなくなるという事故が起こり無気力となった主人公が嫌々付き合わされたゲームで亡くなった筈の幼馴染と再会し原因を探していく話。かつてのパーティーの内今回は3人が約束を誓い合ったので次巻は今回登場していないキャラとの再会かな?旭姫に隠されている謎がどうなるのかな。2015/08/24

まるぼろ

26
MMORPG「ユニオン」での死亡事故が切っ掛けでかつての仲間達とは疎遠になり、以来燻っていた天羽陽翔は6年ぶりにログインする羽目になった新生「リユニオン」で死んだはずの空閑旭姫と出会い…と言うお話。面白かったです。リユニオンに存在する旭姫がどんな存在なのか現状では皆目見当が付きませんがその旭姫の現実での死を切っ掛けに陽翔や咲月、貴法の時間が動き出した感があるのは初巻らしいいいスタートの様に感じました。個人的には咲月にヒロインとして頑張って欲しい所ですが…w 6年の間旭姫に何があったか、次巻にも期待です。2015/09/08

かめ吉

25
MMORPG〈ユニオン〉のある事件で死んだはずの幼なじみと6年後、新生〈リユニオン〉で再会するところから物語が始まる。MMORPG系はSAOしか読んだことが無かったけど、設定や描写がしっかりと書かれているから読みやすかったし面白かったです!貴法が旭姫の墓の近くで残したあの意味深なセリフが気になるなあ。旭姫の空白の6年間や、陽翔の前に現れたエリシアの正体などの謎や伏線があって早く続きが読みたい!これからどう物語が展開していくのか楽しみです。2015/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9795343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。