文春文庫<br> 近松殺し - 樽屋三四郎言上帳

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
近松殺し - 樽屋三四郎言上帳

  • 著者名:井川香四郎
  • 価格 ¥702(本体¥639)
  • 文藝春秋(2015/03発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167902988

ファイル: /

内容説明

知恵と人情で江戸の安泰をはかる、男前な樽屋三四郎!

新大橋で身投げしようとした若い男を助けた謎の老人。どうやら近松門左衛門と浅からぬ因縁があるらしい――。シリーズ第14弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴー

7
近松門左衛門に興味があって手にとった本。結果は近松さんの印象が悪くなりました笑。主人公は若き町年寄三四郎。影の集団百眼と江戸の出来事を解決していく。シリーズ第14弾とのことで、いい感じに落ち着いた内容で、初めて読むにはちょっと物足りなさもあった。1巻目から読むとまた違った楽しさだったんだろうな(´∀`; )しかし、江戸の雰囲気が鮮明で、さらっと読むにはいい。最後の殿様の花魁出身の正室は、魅力的で良かった。2016/07/05

鈴木みかん

6
今回もおもしろかった。とくに「嫁は花魁」がよかったなぁ。いつもいつも、読み終わり、スカッと爽やか樽屋三四郎!2015/09/27

蕭白

5
どのお話も思っていた以上に良かったです。個人的には表題作が良かったです。2015/10/08

姫梨

3
最後の「嫁は花魁」が好きです。花魁でも老若男女愛されてる女性ってすごいし、愛を貫いてるのをすごいなぁと思いました。三四郎の考えもすごい!!花魁が愛されてることを利用するなんて本当、こんな人が現代にもいて欲しいな。2015/05/29

こまt

2
今回はよかった。三四郎だけでなく、百眼たちが江戸の人たちのために働いている感があふれてた。最後の「嫁は花魁」は、丹羽長門守の妻となった遊女朝霧の覚悟と愛情がひしと伝わる話で、敵役の堀井佐渡守がとっても憎ったらしく思えてしまった。2015/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9187844

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。