文春文庫<br> 福むすめ - 樽屋三四郎言上帳

個数:1
紙書籍版価格
¥712
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
福むすめ - 樽屋三四郎言上帳

  • 著者名:井川香四郎
  • 価格 ¥712(本体¥648)
  • 文藝春秋(2013/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167807054
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

貧乏のどん底だった親は、双子の姉妹の姉だけを吉原に売った。長じて巡り合った時、盗賊の情婦になっていた姉の心の内は──過去の確執と絡んだ押し込み事件を調べるため、吉原に乗り込んだ三四郎。町年寄として江戸庶民の幸福を考えるが大岡奉行と対立する。「吉原は潰すべきです!」「男の楽しみはいらぬと?」……さてどうなるか。大好評シリーズ第5弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

だいしょう@SR推進委員会

10
「人一人救えなくて多くの人は救えない」主人公三四郎にぶれはありません。時の町奉行大岡の大人の対応が意地の悪い対応にさえ見えてきて、これはこれでおもしろい設定。ただ、主人公が意固地すぎて共感できないところが辛い。フィクションだから都合のいい話のもってきかたもありなのに、共感できなくてすっきりしない。大岡とのやりとりも平行線のまま、ここまでずるずるときた感じ。登場人物たちに変化がないって、あまりおもしろくないものなのね。自分は、学び成長し変化していく人間たちを、読書をつうじて楽しんでいるのだと実感。2012/06/04

なつき

4
佳乃さんの影が薄くなってる…。ちょっと出てきて嫉妬するだけのお飾りヒロインにはならないでほしい。それにしても若い頃はちょっと拗ねていたという設定にもかかわらず吉原に行ったことがない…のは、この時代には微妙じゃないでしょうか。苦界の女性の辛苦を思うのはありですが「だから吉原をなくせ」という極論が時代小説で語られると違和感があります。三四郎が粋でイナセな若旦那じゃなくて四角四面の木石ぽい。2012/07/17

あかんべ

4
三四郎さんが、真っ直ぐすぎて侍より侍らしい、型っ苦しいよ。もっと遊んで。2012/02/18

蕭白

4
シリーズ5作目。今作は三四郎よりも「百眼」の面々の活躍が光ったように思いました。最近は、奈良屋さんより大岡さんの方が憎まれ役になっているようで、新鮮な感じがします。2012/01/09

鈴木みかん

3
おもしろかった。三四郎はあいかわらずかっこいい。今回は全体的に貧乏がテーマ。貧乏をポジティブに変えていくことができればいいのだろうけど、ネガティブに捉えてひたすら不幸に突っ走ることもあるんだよね。そこに大きな差ができることがわからないのがネガティブな人たち。三四郎は、そういうことを真摯にとらえているところがとても良い。次が楽しみだ。2012/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4560148
  • ご注意事項