ガガガ文庫<br> ケモノガリ8

個数:1
紙書籍版価格 ¥672
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
ケモノガリ8

  • ISBN:9784094514926

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

それでは、旅の終焉を始めよう。

才能は必ずしも発揮しなければいけないわけではない。

爆弾を作る天賦の才があったとしても、爆弾を作れば誰かが傷つくだろう。
人を殺す才能があったとしても、人を殺していいわけでもないはずだ。
なのに、僕は人殺しを選んだ。その時点で、誰が何と言おうと許されない。
罪は背負うと決めていた。その先に何が待っているかも理解していた。
それでも、ケモノを狩るためにケモノガリと成り果てた。
悪を狩るために、悪を許容することを選んだのだ。
正義ではない。正義を掲げるほどに、己の手が綺麗なはずはない。
だが全くもって躊躇いはない。あるのは幾許かの恐怖と高揚感。
様々な苦難を乗り越え、結末が、やっと見えてきた。
決着をつけよう、同じ才を持ちながら異なる道を選んだ者よ。
赤神楼樹は、最後の戦いに挑む。

アスライアとの最終決戦を控えた楼樹は家族の記憶を、友人の記憶を忘れ、人間らしさを捨てていく。そうやって殺すことだけに特化した存在になりながら、楼樹は決死の戦いへと歩を進める――。

殺人の才能をもつ少年の物語、ここに終幕! 興奮必死の終焉を見よ!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

水無月冬弥

10
東出祐一郎先生(@Higashide_Yu)の #ラノベ。 ついに完結! 楼樹とアストラルの闘いも見ごたえあったけど、あやなが凄かった。さすがアストラルさえ恐いと思う恋する少女。ただのヒロインじゃなかったよ! 2014/06/23

T.Y.

9
楼樹とアストライア、同様の才能を持った二人の最後の決戦、お互い勝利のために全てを捨てて挑む。戦いを終えたところで、楼樹は人間として戻ってくることができるのか…。同時に明かされる「虚無」の正体と、クラブ創設の真相。あやなの揺るがぬ想い。自力で記憶を捨て去るとか、人間離れしか存在へと走り続けた楼樹だが、彼を繋ぎとめるものは一つ。他愛もないくらいにシンプルだからこそ、いかなる壮大な存在にも呑まれぬ想いがある。2014/07/01

1_k

8
いやもう、最高。もちろんシリーズを通して最高とは思っていたが、最後の最後で画竜点睛を欠く作品もあるわけで、期待と不安を抱きつつ読ませていただいたが、掛け値なしの傑作シリーズとして締めも遺漏なかったです。勝負が完全についた後でのページ数を見るに妙に長いエピローグで一体何を仕掛けてくるのかと思えば、こんな着地点! 素晴らしい。人退と並んで、長らく実質ガガガの看板作品として続いてきた本シリーズが完結するのは惜しいが、最高の幕引きでした。2014/06/28

サケ太

7
シャノン誕生秘話。ここから、あのゲームに話がつながっていくんですかねぇ。今回もとんでもない燃えバトルの連続。まさしくラストバトル。勝つためにすべてを切り捨てた赤神楼樹と貴島あやなの行く末は……。行きつくところに行きついたと感じられた最後のシーン。面白かった。2014/06/26

天涯

5
ケモノガリ完結。ロウキ対アストライア・シャーリー対謙虚など、様々なものに決着が付く。読み応えがあったのは虚無とあやなの対峙か。最後まで気の抜けない展開。エンターテイナーも良かった。ロウキと楼樹との葛藤にも決着。シャーリーのお腹の中の子供は、やっぱりそうなんだろうな。個人的にはグレタが好きだが、あの終わり方には満足。お疲れ様でした。2014/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8082028

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。