ガガガ文庫<br> ケモノガリ5

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
ケモノガリ5

  • ISBN:9784094513714

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ローマ編最終章“十二使徒のゲーム”開始!

楼樹の前に立ちはだかる第二の“ゲーム”

さあさあお立ち会い!
この世のあらゆる快楽を貪り続けた皆々様!!
第一のゲームはいかがでしたか?
続きまして、第二のゲーム。このゲームの勝利者が、かつてミスターと呼ばれた男の権利を継承できるのです!
そう、即ち七人目の“聖父”となるのです!
ただし今回賭けていただくのは、皆様自身の命!
勝利すれば“聖父”になれるなら安いものですよね?

貴方がたは究極の快楽に溺れるため自身の命を賭けるのです!
しかし、ご安心ください!
赤神楼樹でも今回のゲームで生き残る確率はほぼ皆無です!
なんせ、彼は悪鬼羅刹たる十二人の娯楽提供者を相手にしなくてはいけません!
そう第二のゲーム“十二使徒のゲーム”!
最凶にして最悪なる大戦争になることは必然です!!
さあ皆々様!
自身の命を懸ける娯楽提供者をお選びください!
そして、『ケモノガリ』赤神楼樹を殺すのです!!

前巻から続いたシリーズ最大のスペクタクル『ローマ編』完結巻!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きりひと

6
★★☆☆☆ 「内容自体」は決して悪いものではないのだけれど、難しいコトバを用いてキャラを着飾ろうといった試みが、読者に見え透いているように思えてやまない。要するに、カッコつけすぎ。「過ぎたるは及ばざるが如し」、といったところか。一から十まで大仰な表現を用いずとも、レトリックや慣用句を用いて場の状況を表現する手もあるように思う。くわえて、広げすぎた風呂敷の広さに自らの持ちうる専門知識が追いつかないで、曖昧に濁すなり、想像などで補完せざるを得ないであろう要所要所に、綻びが生じ始めていることが窺えた。2014/03/04

本気・・・

5
ローマ編完結。今までで一番濃密な巻だった。十二人という数の"娯楽提供者"との殺し合い(噛ませっぽいのもいたけど)その中には主人公が自分よりも強いと判断する猛者も、そして少しずつ明かされていく"クラブ"の存在、面白かった。セシリア………2013/12/03

T.Y.

5
ローマ編後編は丸1冊使って12人の娯楽提供者とのバトル。娯楽提供者たちのイカれた姿を描くイラストも素晴らしい。いつものことながら、ボロボロになっても戦い続け戦闘能力で上回るという相手と真っ向戦って、最後は勝ってしまう楼樹の活躍が圧巻。さらに、人を見る目のある主人公たちの裏を衝き、あの手この手で伏兵も仕込んでくる。でもいいキャラだったのはロベルティ枢機卿かな。正面からの戦闘以外で「クラブ」の真相解明と壊滅に向けて戦う仲間ができた、という意味で。2013/06/15

屡菜

4
いろいろと新しい情報が増えクラブの全容がみえてきた1冊。ゲームによって多くの戦闘描写がみれて面白かった。次をはやくよみたくなる疾走感は相変わらず、衝撃の展開もあり息もつかせぬとはこういったところだと思った。2013/03/12

1_k

4
一気に12人、一人一人が、他の作品なら長編のラスボスになれそうな外連味と濃さでした。それをここまであっさりと使いつぶす。質を上げるためならば、出し惜しみはいっさいしない。贅沢。絶対にムリだが、アニメ化したらすごいことになりそう。作中で死んだ人と同じくらい、アニメータさんが忙死するでしょうけどw2012/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5420660

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。