MF文庫J<br> 学戦都市アスタリスク 01. 姫焔邂逅

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
学戦都市アスタリスク 01. 姫焔邂逅

  • 著者名:三屋咲ゆう
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2014/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784840148238

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

水上学園都市“六花”。通称アスタリスクと呼ばれるこの都市は、学生たちが覇を競う世界最大のバトルエンターテイメント《星武祭》の舞台として名を馳せている。星導館学園の生徒会長クローディアの誘いを受けて六花を訪れた綾斗は、転校早々《華焔の魔女》ユリスの怒りを買ってしまい――? 最高峰の学園バトルエンタメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リプトン

19
アニメ前にと思って積んでたのを読了(感想書くまでかなり時間が経ってしまいましたが……) これぞMFの王道と言った感じの作品でした。既視感があるといったらそれまでだけど、定番だからこその安心感みたいなものもあったと思います。ルビ全開な設定用語バンバン出てくるのはあんまり好きじゃないけど、世界観の説明巻的な要素もあったししゃーない。キャラとしては、ユリスの男勝りな感じの口調に思った以上にグッときてしまった。ぶっちゃけ似たようなキャラはいくらでもいそうなキャラ造形なんだけど、何か心掴まれるものがありましたね。2015/09/23

いーた

17
本当は強いのに何かしら能力に制限のある主人公。ヒロインは戦うお姫様。複数の学園と覇を競うなどなど、『学園』『バトル』『ラブコメ』要するに、王道ラノベです。アニメからの原作なんで、アニメの映像が容易に脳内再生しつつ、アニメ補完しながらすんなり読めました。ヒロインのユリスは可愛かったですけど、この手の作品で、個人的に好きになるのは、クローディアのような2番手、3番手の立ち位置にいるヒロインが好きです。2016/04/15

ツバサ

17
結構満足。MF文庫らしい王道な作品でISに似てると思ったけど内容はISより良いと思った。男子が主人公1人だけじゃなくて良かったー。キャラの可愛さはあんま感じなかったけどこれからだね。続きが楽しみ。2015/08/25

トミーリョ

15
正直、本作でしか味わえない要素は皆無なんだけど、キャラクターの魅力・構成のまとまり・文章の読みやすさのどれもが高水準で、しっかりと楽しめるライトノベルだった。主人公を単なる俺TUEEEE! で終わらせないように時間制限を与えるなどの工夫がこらされているのも良い。もし、専門学校に「安定した売上を見込める、おもしろいバトルラノベを提出しなさい」って課題があったとしたら、本作はもっとも優秀な模範解答として選ばれると思う。ただ、欲を言えば、優等生なだけではない一面も見せてほしくもあるし、さらに化けてほしくもある。2014/05/18

無月斎

13
友人がおもしろいと言ったから、読んでみたが王道だな。あとがきから設定を作るのが好きなのがわかるが、設定が張り付いてるだけな気がする。さらに動きに興味がない作者はアニメになっても、適当に補完されるからなんかワケわからないまま物事が進んでしまう。アニメからも、その悪癖が丸見え。設定以外にもう少し目を配らせてほしいところ。ユニスは可愛いけど、主人公に魅力がたりない。特に剣術をいれるなら、真面目に動かしてよ。いらないその設定。いちおう、アニメで綺凛が可愛いから次までは読むけど、期待薄。2015/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5447233

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。