地獄堂霊界通信(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

地獄堂霊界通信(4)

  • ISBN:9784063107968

ファイル: /

内容説明

てつし、リョーチン、椎名(しいな)……「イタズラ大王三人悪」の同級生、亜月(あづき)カンナが妖(あや)かしにさらわれた!必死にカンナを捜すてつしたちだったが、その妖かしは人間による自然破壊の悲しい犠牲者だった。悲痛な想いを抱え、人間への憎悪に燃える妖かしを止められるのか!?新しい仲間が加わる「森を護るもの」ほか「幽霊屋敷」の2編を収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロ@いつも心に太陽を!

37
新キャラとしてカンナ&拝ユキが登場!!この二人もいいコンビというか、好きなキャラになりそう(*^∨^*)「この世には目に見えるものとか科学で証明できるものしかないなんてことない」と、科学を勉強しながらも不思議を受け入れることが出来る度量が備わっているとこや、自然が壊されていくことに対して出来ることをすると宣言し、日向を受け入れる姿とか、カンナめっちゃ好きなタイプの女の子♪これから除霊の力を受け継ぐユキもどう活躍してくれるか楽しみ!2013/03/24

藤月はな(灯れ松明の火)

18
理解しているがために割り切ろうとしても心が辛すぎて受け入れられない遣る瀬無いことは世の中には多々、ある。てっちゃんと青い目の幽霊のブレにそれらのことを思い出し、無性に苦しくて悲しくなりました。日向の人間に対しての憎悪にも胸がぐさっとなりますがカンナちゃんは本当に優しい子だった;-;レトロな懐中時計に恍惚とする椎名と物怖じせずにお替りしてくれるてっちゃん達に嬉しそうな拝君が可愛かったです。2012/01/09

ヒロ@いつも心に太陽を!

17
原作の『森を護るもの』まで読み終えたのでこちらも再読。カンナや拝がイメージ通り!そして日向が可愛い♪椎名じゃないけど、ほんと日向にカンナをとられないように頑張れ拝!!2013/09/14

木佐

13
原作がたまらなく好きでみもりさんのイラストも大好きなので、ニヤニヤが止まらないコミック版4巻目。表紙を見た段階でカンナちゃんのイメージが…と思いましたが、読んでみると可愛らしくて、あら素敵。と思いました。保健室の先生の借り家のお話とカンナちゃんと日向のお話。どちらもしっかりとホラーテイストなのにきっちり人情もので怖切ないです。懐中時計を貰った椎名君とチョコレートのおかわりを要求された時の拝君も可愛らしかったです。2012/01/07

みとと50

12
座敷牢に閉じ込められるくらいなら、いっそ殺してしまえばよかったのにって思った。長い時間ただ閉じ込めて送って物凄く残酷。ある意味拷問だもの。日向は強いな。強い人間は優しいってことだな。 2013/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4526680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。