地獄堂霊界通信(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

地獄堂霊界通信(9)

  • ISBN:9784063880908

ファイル: /

内容説明

てつしたちが遭遇した自動車事故。事故を起こしたその車には不思議な女性が乗っていた。次に椎名(しいな)が目撃した事故で、その女性は次々と自動車事故を起こさせる悪霊であることがわかった! てつしたちは悪霊を捕らえるべく調査を開始。そして浮かび上がったのは過去の悲惨な事件だった……。戦慄と悲しみが交錯する「高速の魔」編を収録!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっちゃん

22
車の事故死の話!子を思う親の心、もし自分の子だったらと思うと、想像すらしたくない!私も車の車種わからないから、リアルに同じ道を歩んだり…それにしても、悪ガキ三人組、学校サボり、外食三昧、心根が良くなかったら、とんだダメ人間の卵だなぁ(笑)2016/05/29

しましまこ

16
椎名と美麗母ちゃん美しい!プリンで女番長になった流華、哀れだ…2015/10/09

ぽっぽママ

12
母親の愛の重さを考えさせられた。愛するあまり肝心な子供自体がどこかへいってしまうということは往々にしてあることで、きついなと思う。また、安全運転、一層心がけなくては。 香月先生の作品が読めないのは寂しいです。ご冥福をお祈りします。2015/10/15

ちぼこ

12
地獄堂はちょいちょい親子ものが入ってくるのでその度に色々考えさせられます。今回は交通事故で子供を引き殺された母親が悪霊となって復讐していく話。切ないなぁ。愛情が強い分それが犯人への憎悪となり終いには鬼となっていく。自分だったらどうかなぁって考えるけど辛すぎて止めてしまいました。余談ですが、椎名の父ちゃん母ちゃん呼び、ギャップがあって大好きです(笑)2015/10/10

hannahhannah

12
久しぶりに読むと原作との絵の違いに驚く。原作は二十年前なので細かい設定は現代に合うようにアレンジされていた。牧原は原作と顔が違いすぎる。2015/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9858916

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。