富士見ファンタジア文庫<br> タクティカル・ジャッジメント7 思いこみのリベンジ!

個数:1
紙書籍版価格 ¥594
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
タクティカル・ジャッジメント7 思いこみのリベンジ!

  • 著者名:師走トオル【著者】/緋呂河とも【イラスト】
  • 価格 ¥594(本体¥540)
  • KADOKAWA(2014/01発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784829163085
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

叔父の殺害容疑で逮捕された男の弁護を引き受けた山鹿。しかし今回は容疑者本人が殺人を犯したと主張している! 崩せぬ証拠、隙のない理論、しして本人による自供。今度こそ山鹿の無敗記録は破られてしまうのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほにょこ

2
★★★☆☆ 民事編は事情により保留とのことで今回も刑事事件です。被告人の話がほぼ半分を占めていました。それでも読ませるのは流石ですね。2020/07/22

はつかねずみ

1
再読。 半分近くが事件のあらましの描写。 依頼人が自白してるところは3巻と同様だけど、あの時とは違い本人が自覚的かつ殺害を確信してるところから始まり、殺人事件としては無罪を勝ち取るまでに至るのは流石を通り越して物凄いものがあった。 ただ、描写されてなかったと思うけど、どうやって依頼人と真犯人が行動を起こした順番を特定したかは気になるかな……。 いやまあ、真犯人が後なら二度撃ちなんてしかなっただろうし、依頼人が後の方が現実的ではあるけど。2016/01/19

schizophonic

1
山鹿の弁護する被告が、自分から犯行を認めていて、証拠も揃っているという状況は3巻でもありましたが、今回は前半を被告視点による倒叙形式で描き、バッチリ犯行のシーンまで書かれたうえに、その場で死亡も確認と、さらにハードルをあげて、同じテーマに挑んでいます。シリーズの特性上、その時点でどういったどんでん返しがあるか予想がついてしまうものの、後半では山鹿の反則的な法廷戦術で、無罪に仕立てあげるとかではなしに、証言の矛盾を突いて真犯人を指摘する正攻法の犯人捜しに転じる構成が、よいアクセントになっていると思います。2013/09/01

K-Wing

1
これってどっちが先に撃ったかは自供以外で判断できるのかな? 今回のは落としどころがここにしかできなかった感じやな。2013/06/10

タタリ

0
特に新キャラ新展開が待っているわけでもなく国選弁護人編終了。そろそろ限界かな?2013/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578720

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。