角川文庫<br> 見仏記3 海外篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
見仏記3 海外篇

  • ISBN:9784041846049

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

見仏熱が高じて、海を越えた2人組。韓国では山の上の寺を目指して急な石段を腿上げ運動でしのぎ、タイでは閉所&高所恐怖に耐え狭く暗い壁の中を進む。中国ではえんえんと夜汽車に揺られ、インドでは1体の仏像を見るために小型車で往復16時間の移動をする。常識人なら絶対やらない苛酷ツアーを、ただただ仏像を見るだけのために敢行してしまった、仏友コンビが放つ、大好評シリーズ、第三弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

81
仏友の2人の見仏の旅はとうとう海外までいったのですね。海を越えて韓国、タイ、中国、インドをめぐり、見仏のためなら過酷なこともしてしまうところが凄いです。どこまで仏像に命をかけているのだろうと思わされました。ただ見仏のためだけに注ぐ情熱は呆れるほどですから。でもそんな馬鹿げたところが嫌いではないのです。2018/04/24

chantal(シャンタール)

73
見仏仲間の二人はついに海外へ飛び出した!韓国、タイ、中国、そして本家本元のインドへ!インド以外の寺院には私も行ったことがあるので書いてある事が何となくわかる。外国のお寺ってとにかくカラフルでド派手なのよね。それでも集う人々はとても敬虔な信者さんなのだけれど。作中紹介されている中国のお寺は行ったことのない場所ばかり。もう20年くらい前の作品なので今はだいぶ変わってるだろうけど、あの頃の中国の旅はなかなか大変だったろう😅そしてインドのクシナガラの涅槃像、みうらさんとおじいさんの思い出にホロッとさせられた。2019/05/27

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

68
凄いですね。海外編ですよ。海を越えちゃいましたよ。勿論、日本の仏像巡り以上に過酷な所へ行ってます。落ちたら死ぬ階段や山や穴等など、普通の人ならそんな思いしてまで絶対行かないところです。お見事です、鉄の絆の見仏コンビ。お国変われば文化も変わるじゃないけど、韓国に古い仏像がない事実や、広隆寺の弥勒菩薩のルーツ、タイの人の信仰の深さ、中国絶叫 《色んな意味で》ツアー、そして聖地インド。寝度100%のあの、涅槃像の最後の章はとても熱かったです。2019/06/24

みやけん

36
★★★☆☆この2人どこまで行ってしまうんだろう。ちょっと古いかなと思ったら平静18年初版だもんな。ムチっ目元パッチリインドの神様がいいや。2人は今も旅をしてるのかなー。海外出張で見仏したいなぁ。2019/08/05

taku

27
仏欲まみれの仏像ジャンキーども海外へ。相変わらずのお二人に刺激され、またしても見仏魂がふつふつと湧き、ブツが見たいとぶつぶつ呟いてしまうのである。旅程はきつくても感性のゆるい、いや柔軟なお二人はブツをより親しみ易くしてくれる。私は寺院など建築物も好きだから、仏像とおみやげにしか興味を示さないみうらさんが不思議だけど、そこが見仏記。お二人の友情がいいね。共通の趣味で苦楽を共にできる友人は、かけがえのない存在です。2017/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/520703

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。