角川文庫<br> 見仏記7 仏像ロケ隊がゆく

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
見仏記7 仏像ロケ隊がゆく

  • ISBN:9784041064313

ファイル: /

内容説明

仏像を見つめ続け、気づけば四半世紀。仏像を求めて移動し、見る、喩える、関係のない面白いことを言う。それだけの繰り返しが愛おしい、脱線多めの見仏旅。ますます自由度を増す2人の珍道中がここに!
※2015年3月に刊行された単行本「見仏記 メディアミックス篇」を改題の上文庫化した作品です。
※本書は2018年5月4日まで単行本と併売しております。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

71
見仏も最早四半世紀というのに驚かされます。ひたすら仏像を求め、見仏しつつ、面白いことを言っているのは最初と変わらずなのだなと思いました。TVメディアが入ったことで少し毒っ気が抜けたような気がしなくもないですが。とはいえ、自由気ままに仏像を求めてぶらぶらするスタンスは貫いているのですね。映像だとどんな雰囲気なのか気になるところです。2018/05/03

瀧ながれ

26
スタッフがいろんなことを準備してくれるから、ロケバスが到着すると案内の僧が待っていてくれるテレビ収録の仏旅と、あれこれ脱線しながらお寺についたけど、どこに声をかければいいんだろうと考えるふたりだけの仏旅が、交互に収録されていて、どっちの旅もそれぞれ違って楽しかった。収録旅では、いまさらここか?と思うくらい有名どころを訪ねているので、風景に見覚えがあるのも嬉しい。でもこのお二人なので、見るとこが深いです。この文庫を手に旅に出て、お二人が見たものを確認したくなりました。2018/04/04

あーびん

16
真面目に仏像拝観しててもすぐに脱線し、小学生のようなくだらない会話でぐだぐだになる、ゆる~い二人がたまらない。最後自分たちの歩く姿に、それぞれの親の姿を重ねて想う描写がぐっときた。珍道中の合間にいとうさんのエモい文章が光るのも魅力。DVDも観たくなった。2018/04/06

shiman

13
メディアミックス編ということで見仏+取材裏話的内容で楽しかった。まだまだ近場でも観ていないブツが沢山あるある。まずは10年限定で来年までという金峯山寺の特別公開だ!TV自体当時は殆ど観てなかったのでそのうちDVDに手を出してしまいそうだ。2021/08/31

chatnoir

13
うわ、もう7巻目なのか。発掘すれば家から全巻出てくるはず(笑)TVバージョンになってからお二人のマニアックなやり取りが減ったようで残念。お仕事柄もあって感覚でものを言うように思えるみうらさんが仏教系の学校を出ていて専門知識がちらほら出てくるのが凄く面白い。いとうさんはその様子を観察して感心したり、面白かったりするのを上手く文章で伝えてくれる。そして、更に文章だけではわかりにくい所をみうらさんのイラストが補ってくれていい感じです。ピースサインの仏像見たいなぁ。2018/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12667758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。