角川文庫<br> 見仏記

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
見仏記

  • ISBN:9784041846025

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

小学生時代から、詳細なスクラップブックを作ってしまうほど、仏像に魅せられてしまったみうらじゅんが、仏友・いとうせいこうを巻き込んで、全国各地を“見仏”をする珍道中が始まった! セクシーな如意輪観音に心を奪われ、千手観音のパフォーマンスに驚愕し、十二神将像の逆立った髪型を考察する。さらに、みやげ物にまで目配りを怠らないという充実ぶり。抱腹絶倒の大ヒットシリーズ、第一弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

93
仏像を見ることを「見仏」というんですね、ふむふむ。仏像に魅せられたみうらじゅんさんといとうせいこうさん、2人の仏友が津々浦々仏像をゆるく見てまわっています。珍道中と独自の視点で仏像を見仏している様子がおかしいですね。特別に知識を持っているわけではないからこそ、純粋に仏像を楽しめるのだと思います。だって恋心を抱くくらいですから。ちょっと変わりつつ、充実した見仏の旅、今後も注目したいと思います。2018/04/17

chantal(シャンタール)

92
いや〜面白かった!「いい仏(ブツ)がいる」というみうらさんの言葉に導かれ「仏友」の見仏道中が始まる。二人のバカバカしい会話の中にも溢れるみうらさんの仏像愛や、いとうさんの様々な分析。観光とお寺の在り方に関する分析とか、とても興味深かった。言ってることややってる事ははちゃめちゃなんだけど、みうらさんの仏像に対する知識は確かなものがあり、仏教に関する歴史等も二人はしっかりと抑えている。だからこそただの「観光エッセイ」では終わらない。私ももっと勉強しよう。このシリーズ7巻まであるので、この後もおいかけなきゃ!2018/12/21

キック

67
積読本消化。本書は28年前に刊行され、仏像ブームの先駆けとなった、知る人ぞ知る「観仏本」。内容は、京都・奈良・東北・北部九州の仏像を見て回る旅行記です。読もう読もうと思って随分経過してしまいましたが、漸く読了。生真面目な「いとうせいこう氏」と、感性の「みうらじゅん氏」とが妙にマッチして繰り広げられる見仏の旅は、実に面白いものでした。この見仏記も既にシリーズ7まで刊行されていますが、33年後の約束は果たされるのでしょうか?2021/12/26

ちゃとら

63
いとうせいこうさんの本は初めて。みうらじゅんさんと2人で仏を見る旅に出る。勝軍地蔵をみて突然怒り出すみうらさん。仏は戦争をしていいなんて言わない💢と。納得して読み進めると、吉祥天を銀座のバーのママと比較してみたり、エロスの会話満載で破茶滅茶な2人の掛け合い。楽しく読めたが、ここまで本に書いて良いんだ⁈😅💦と思いました。2019/03/31

kishikan

58
世の仏像ファン、フリーク、オタクも、それ以外の皆さんも、仏像に少しでも関心のある方は是非この本を読むべし。なにせ見物ならぬ見仏なのですから。結構知らない(僕にとって)お寺満載なので、PCの前で読むことをお勧め!でも、いやぁ・・こういう仏像の見方があったのか、と目から鱗。要は理屈じゃなくて感じ方、五感をフル動員し、そこから想いを過去から永遠の時空間に馳せることが大事なのですね。お二人の行動や仏像に対する想いも好きだけど、いとうさんの文章が最高!それにしても、みうらさんの子どもの頃からの仏像好きには参った。2012/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548471

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。