角川文庫<br> 見仏記5 ゴールデンガイド篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
見仏記5 ゴールデンガイド篇

  • ISBN:9784041846063

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

仏像めぐりの旅もはや十数年の、いとう&みうらの仏友コンビ。今回はメジャーな寺にしぼろうと京都・奈良に向かった2人。ところがサギ(鳥の)だのマスコット人形だのに気を取られて、なかなか足が前に進まない。次に向かったのは福島県。縁がなかった会津の里には、素朴で力強い仏像たちが鎮座していて、2人の心をとらえて放さない。和歌山、兵庫の素晴らしい仏像たちも花を添え、仏像を追いかける2人の旅物語は続いていく……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chantal(シャンタール)

86
今回は「ゴールデンガイド篇」と銘打ち、マニアックでない見仏をしようと旅に出たお二人。まず行った先が長谷寺に文殊院と、ついこの間行って来たばかりの場所だったのでもう興奮!渡海文殊、本当に迫力あったなあ。そして「あ、その写真『アイノカテゴリー』で見たあれのことだよね!」なんてのも飛び出して、読みながらウキウキしてしまう。思わず吹き出してしまう会話に溢れ、会津では感慨に耽り、いつも楽しげな二人旅。仏像の前でお経をあげる女性を見て「仏とコミュニケーションしてるね」と囁くみうらさん。私も今日も仏様とお話しましたよ!2019/12/30

優希

71
見仏の旅も10年以上続いているというのが凄いところです。今回の仏友コンビはメジャーなお寺に焦点を絞り、仏像を追いかけたようです。中々足を進めることができなかったり、心が捉えられたりと旅物語は色々な想いを与えているのですね。2人の知識も垣間見え、信仰としての仏像、芸術としての仏像といった視点で論じるのも興味深いところでした。2018/04/29

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

67
マニアックは不可!メジャーな仏像を攻めてくと言うゴールデンガイド篇。もとい、ゴールデンガイド変(笑)2人の掛け合いが面白いのは勿論の事ですが、後半の福島編はこれまでとは違った気持ちで読みました。みうらさんの、「これじゃぁ抱きしめてやれないよ」って言葉が印象深く残ってます。仏像を心から愛しているこの人は、その仏像を作った人も、大事に守ってきた人も、街も、全て愛しているんだなぁと。そんなみうらさんを見ていたいとうさんもまた、彼に深く共感したんだと思うのです。2019/06/29

kishikan

47
見仏記、見仏記2ときて、いとうせいこう、みうらじゅんの最強のペアによる、面白仏像見仏記にはまってしまったのでありました。こりゃ旅する時には、この見仏記に登場するお寺様を訪問せにゃならぬなどと思いながら、なかなかそのようなチャンスに巡り合えず、まずはこのシリーズを読み、己自身の軽い脳みそに知識を蓄えようとしたのです。さて次は?と思っていたら、シリーズ第5弾がなんとゴールデンガイド!さぞメジャーな仏像の旅の紹介と思いきや、やっぱり最強コンビの旅は違った。でも、やはり最高に面白く興味深い見仏記だったのでした。2013/03/26

もちもちかめ

31
今でもみうらじゅんといとうせいこうには眉唾なんだけど、もうそろそろ、この人たちのやり方の方が正しいと認めざるを得なくなってきたように思ってる。正論をズバッと切り込んで悪を退治し政治的に世直しをするべきと私はエリートはそうあるべきと思ってたのですが、どうもそうではなく、タモリや村上春樹やこの人たちのやり方でブラブラとなんとなーく世を良くするしか、方法はないのかと。たかじんも勝谷誠彦も疲れて死んじゃったよ。2018/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4138293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。