角川文庫<br> 見仏記2 仏友篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥796
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
見仏記2 仏友篇

  • ISBN:9784041846032

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

見仏コンビのいとう&みうらが、仏像見物の旅を密かに再開。ある時は、四国でオヘンローラーとなり、またある時は佐渡で親鸞に思いを馳せる。またふと我に返って、男子2人旅の怪しさを文化的に考察してみたりする。2人の好奇心が向く先は、仏像だけにとどまらない……。お互いへのおかしな友情をしみじみと深め合い絆を確かめ合った、ますます充実の仏友篇!(新宿篇を特別収録)

目次

滋賀(西野薬師堂・赤後寺・渡岸寺 小谷寺・石道寺・己高閣・世代閣・知善院)
京都(東寺・仁和寺・法金剛院)
四国(極楽寺・井戸寺・丈六寺 蓮華寺・豊楽寺・中島観音堂 雪蹊寺・竹林寺・北寺)
東京(五百羅漢寺・安養院・目黒不動尊・宝城坊)
鎌倉(東慶寺・建長寺・円応寺・鶴岡八幡宮・覚園寺 光明寺・長谷寺・高徳院)
北越(宝伝寺・明静院・西照寺)
佐渡(長安寺・長谷寺・国分寺 昭和殿・慶宮寺)
新宿(太宗寺・正受院・光照寺・龍善寺(文庫版特別付録))

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

89
密かに再開された見仏の旅。オヘンローラーになったかと思えば親鸞に想いを馳せて。その行動は仏像だけに目が向かず、様々な好奇心を見せてくれます。男子2人の仏友同士、怪しい関係に見えなくもないけれど、お互いの奇妙な友情と絆を味わいながら今日もまた見仏の旅を続けるのですね。行動範囲も広がり、充実してきた様子を伺わせてくれます。2018/04/19

chantal(シャンタール)

84
今やすっかり「仏友」となった二人の珍道中。今回は佐渡にまで足を延ばしてる!日本全国、色んな所に色んな仏様がいるのねと、このうちのいくつを私は拝められるのだろうかと、頭がクラクラしてくる。二人の掛け合いの爆笑度も前回よりパワーアップしており、とても楽しめる。そして、「信仰の対象としてあるべき場所に安置」すべきなのか、「文化財として相応の保護」すべきなのかと言う問題は確かにとても悩ましい。本来一緒にいるべきの脇侍と離され、独り寂しく暗い収蔵庫に入れられている仏様はちょっと可哀想だし、拝観するのも大変だし😅2019/01/22

nyaoko@キジトラ年だぞ🐈

68
開いた途端に現れる、アルカイックスマイルウルトラマンに吹きました。なるほど。鉄人28号やウルトラマンやゴジラなど、日本人が巨大生物に憧れるルーツはここからなのか。竹林寺の迫力ある仁王像、仁和寺の仁王像、どちらも睨まれてみたい。仏像の、時代別特色、これ、何回も読んで、実物を何体も見ないときっとわかんないだろうなぁ。『形あるものは滅びる。たとえ、それが仏の姿をしていても。』深いです。2019/06/23

ちゃとら

57
つまみ読みで積んでいた本。男2人旅はホモに間違われるのではないかと気にする、いとうさん。姉川の合戦や賤ヶ岳の戦いなど信者達は土に埋めたり川に流したりして仏像を守ったとか。四国は収蔵庫に安置されている秘仏が多い。真面目な話の後は、腕の欠損をマジンガーZに例えたり、ソフィアローレン似だと言ったり2人の会話は無法地帯。以前、京都博物館の音声ガイドがこの2人だったのを思い出し、あのテープ販売して欲しいと思った。自分にパワーが無いと負けてしまいそうな本でした。2022/05/02

kumicom

55
32年後ではなく、前巻から比較的すぐの再開だったのですね。その32年っていう長さと弥勒菩薩の56億7千万年後っていう年月を同等に語るお二人がツボでした。「それじゃ明日死んでくれるかなー?」「死すともー!」には脱力(笑)。疲れた時に読むと、なんだか元気が湧いてくる気がします。仏像のご加護かしら?そう言えば、先月だったか、BSをつけたら偶然にもお二人が見仏しているシーンを見かけて「おお!これは!」って思わず感動。動画の方がますます面白そう。いい年して「探検ぼくのまち」のような見仏道中をするのもにやりポイント。2015/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/526924

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。