角川スニーカー文庫<br> 陰キャだった俺の青春リベンジ4 天使すぎるあの娘と歩むReライフ【電子特別版】

個数:1
紙書籍版価格
¥748
  • 電子書籍
  • Reader

角川スニーカー文庫
陰キャだった俺の青春リベンジ4 天使すぎるあの娘と歩むReライフ【電子特別版】

  • ISBN:9784041137390

ファイル: /

内容説明

ハプニング的なお泊りを経て更に春華と距離を縮めた新浜は、青春の夏を謳歌するため舞や美月たちと共に春華を夏の海に連れ出した。真夏の太陽、眩しい水着、弾ける笑顔! 高校生の夏休みはまだ終わらない!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

38
春華と共に語り合いながら一緒に眠るという夢のような一夜を過ごした心一郎。さらに春華との夏休みを謳歌するため行動力を振り絞り、舞や美月、銀次と共に春華を夏の海に連れ出す第四弾。障害となりそうな時宗の妨害も盤石の協力体制で排除した春華が、心一郎たちと一緒に満喫する夏の海の思い出。群がるナンパ達を社畜力で蹴散らす心一郎のために一生懸命頑張る春華の姿が可愛くて、思ってもみなかったハプニングには苦笑いでしたけど、まさに青春といった今回のエピソードも、一緒に行った友人たちもなかなかいい感じに効いていて良かったですね。2023/06/01

オセロ

29
ハプニングが重なり春華が心一郎の家でのお泊まりという予想外の出来事があったりと夏休みを楽しんでいた心一郎。更に春華との思い出を作りたい心一郎はは舞や美月、銀次と共に海水浴へと繰り出すことに。 女性陣は水着選びから始まり、いざ迎えた海水浴本番では自由気ままにエンジョイする一方で、心一郎は春華の無邪気で無防備な姿にドギマギさせられたり友人達の粋な計いで春華とイチャイチャしたり。思いがけないハプニングに見舞われるも結果的に距離が縮まった2人のこれからが楽しみです。2023/06/02

わたー

25
★★★★★表紙がちょっとエチエチ過ぎんか?口絵だとペットボトルが無くなるんだぜ。閑話休題。今回は引き続き夏休み編。気の置けない友人たちとの海への日帰り旅行が描かれるというもの。前巻から少し間が空いたので打ち切りを懸念していたが、無事に刊行されて良かった。内容としてはひたすらにキラキラ輝く青春の1コマが描かれており、彼がやり直しによって得たかけがえのないものたちをいつも以上に感じることができてよかった。それを彩るたん旦先生のイラストがまた素敵だったのも印象的。カラー口絵が全て水着ってそんなの見たことないよ。2023/06/03

rotti619

20
ほぼ海回といっても過言ではない、全編を通じて健全な高校生達が夏の海を満喫するお話。この海イベント、心一郎が春華に会いたいという自身の願いもあるが、前世で春華が心から渇望しながら決して成し遂げることのなかった、夏休みに友達と海へ出かけて遊び倒すという、青春の1ページを実現できた事による多幸感がすごかった。元大人の経験からではなく、今の心一郎自身が勇気を振り絞って誘った結果というのも、また良い。そんな彼女のはっちゃけ具合と水着姿の破壊力はたん旦氏のイラストで忠実に再現されている。なお、最後のやらかしはご愛嬌。2023/06/06

真白優樹

18
青春らしいイベントを過ごすため、春華や友人達と一緒に海へ行く今巻。―――真夏の海に縮まる距離、そして心はまた一歩。 一冊纏めてほぼ海のお話であり、青春らしいイベントを次々と繰り広げる中で更に心の距離が近づいていく、また一歩距離が縮まっていく巻である。今更ながらの名前呼び、それは関係を深める第一歩。イベント目白押しな空きが近づいてくる中、二人の関係は何処へ向かうのか。そして、 今のところは牙を剥いていない世界は牙を剥いてくるのか。本当の意味で真価を問われるのはここからか。 次巻も勿論楽しみである。2023/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21187052
  • ご注意事項