ビッグコミックススペシャル<br> あさドラ!(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックススペシャル
あさドラ!(6)

  • 著者名:浦沢直樹【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 小学館(2021/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098612314

ファイル: /

内容説明

浅田アサ、君は“翼の女神”だ――!!

1964年10月10日。
東京オリンピック開会式。

ブルーインパルスが空に描く「五輪」を見上げる少女・浅田アサ、17歳。

彼女こそ、その前夜、
雨風吹き荒れる真っ暗な湘南沖合で

一人で“アレ”と対峙し、
無事の五輪開幕と日本の平和を守った女性パイロット!

そんな真実を知る由もなく、
世紀の祭典の熱戦に沸く東京。

しかし、“アレ”はまだ……生きている!!!

アサは再びの“アレ”出現に備え、引き続き極秘任務につくことに。

親友のヨネちゃんは歌手、ミヤコちゃんはプロレスラーと
将来の夢に向かって歩き始め、
幼馴染の正ちゃんは、4年後のメキシコオリンピック を目指し、新たなスタートを切った。

おっちゃん“春日”の仕事を手伝いながら、皆の姿を眩しく見つめるアサ。
自分がその青春を守っているとは露とも思わずに―――

姉として、親友として、弟子として、
そして国の未来を背負う、希望の象徴として。

一度きりの自分の青春を生きること!
人々の暮らし、命を守ること!
どちらも全力で立ち向かう浅田アサ、「飛びます!」


浦沢直樹が描く希望と絶望、愛と笑いと涙の一大巨編。
“アレ”の波紋広がる、新章開幕の第6集!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どあら

32
妹から借りて読了。平成12年生まれの息子が、「YAWARAちゃん描いた人の漫画だよね?読んでいい?」とハマり始めました😁 息子はYou Tubeでアニメを見たそうな。2022/01/08

ぐうぐう

27
東京オリンピック開幕で、やっとこドラマが本格的に動き出した様子。早田正太という名前がこの漫画にはうってつけだけど、仲井戸慶一ってネーミングもいいね。名前で言えば、マラソン中継で円谷選手が登場した場面に、東京湾にアレの気配を漂わせる演出が憎い。にしても、今巻は『AKIRA』のパロディのように読めた。2022/01/07

まゆっち

13
とうとうオリンピックが開始。化粧品セールスの手伝いをするおっちゃんを助けるアサがけなげ。一見関係なさそうな正太の走りが何に繋がるのか…次巻も楽しみです!2022/01/01

ジロリン

11
読み始めたら、それまでのストーリーを全く覚えていない事がわかりw2巻から読み返してようやく繋がった。浦沢直樹って〈これを描きたい!〉と思ったモノが何でも〈描けちゃう〉し、またそこに描かれたモノが本当に見事なもんだから、読み手はそれらにいちいち心奪われてしまい逆にストーリーの骨格がアタマに入ってこないのかなぁ…単に自分の記憶力が悪いだけかもしれんがw2022/01/05

毎日が日曜日

10
★★★2022/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18934147

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。