かぶく者(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

かぶく者(3)

  • ISBN:9784063727104

ファイル: /

内容説明

舞台上の役者心理や、目に見えぬ芸の深奥までも言語化&視覚化!
話題騒然の歌舞伎漫画!


天下の二枚目役・栄之丞が、額に傷&ズタボロ衣装で登場!これによりご見物(観客)のみならず、孤高の女形・恋四郎や共演の役者全員も敵に回した新九郎が、かぶきにかぶく!!前代未聞の芸バトルが展開する『籠釣瓶』編を、結末まで完全収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KUMAPON

4
無名の役者の大抜擢とそれを快く思わない周囲の嫌がらせ。舞台上での壮絶なアドリブ合戦。面白いけれど、歌舞伎という伝統芸能でこんな滅茶苦茶が許されるものなのかはちょっと疑問に思う。そしてどのエピソードもどこかで見たような気がしてしまうのは、やっぱり『ガラスの仮面』の存在が大きすぎるということなのだろうな…。次巻に向けてのテーマは「役者潰し vs 舞台潰し」。そういえば北島マヤも「舞台あらし」と呼ばれていたような(あ、また…)。2021/10/09

夜の女王

3
☆☆☆ 舞台に求めるのは華!それも自分が最上の華で咲きたい恋四郎。歌舞伎伝統の型の中に芸の道を求める宗太郎。かぶく事、お見物を取り込むことしか見てない新九郎。三者三様の思いで舞台が続く。熱いわ!まさに歌舞伎版『ガラスの仮面』。面白くないわけがない。天才新九郎が伝統の歌舞伎界に殴り込みをかける構図がハッキリしてきたけど、8巻で終わりなのはこの梨園批判みたいなテーマが原因かも。2013/05/20

bookish

2
別名「過労死入門」。仕事でもなんでもこれにでてくる登場人物ぐらいやればひとかどの人物になれるが、死も近づきます。恋四郎「この世界の頂点に立つためには、相手が誰であれ、喰われてはいけない。喰わなければいけない」2010/08/09

半兵衛

1
アドリブの応酬がハラハラする。見てる分にはいいもの見れたなぁって思うけど演じてる側には苛烈!三者三様の思惑が交錯する籠釣瓶編、閉幕。2014/03/09

たまこ

1
周りは皆敵のような状況を楽しむ新九郎の、逆境の強さに魅かれる。彼は“かぶく”ことにしか興味がなくて、周囲にどう思われようと気にしない鈍感力があるのに、観客の気配にはとても敏感で、そのギャップが凄い。2巻の終わりが絶妙に気になる所で終わっていたので、読むのに気が急いてしまったww2011/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/511265

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数8件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす