ビッグコミックス<br> バトルグラウンドワーカーズ(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
バトルグラウンドワーカーズ(8)

  • 著者名:竹良実【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2021/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098611881

ファイル: /

内容説明

世界を守る仕事を遂げる--堂々最終巻!

謎の生命体・亞害体が世界中に出没!
仁一郎たちの任務は、亞害体殲滅の命綱といえる
機器の復旧、期限は1日。
しかし人類連合との戦争で積年の恨みを抱える過激組織が
31小隊の行路を阻む。

仁一郎はその過激派をも守って、
最終決戦となる「真の敵」との闘いに挑む--!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hannahhannah

9
完結。本当は作者の竹良さんももっと長く続けたかったかもしれないが、しっかり大団円を迎えた。『辺獄のシュヴェスタ』よりは濃さがなかったかもしれないが、不撓不屈の精神は伝わって来た。次回作も楽しみにしています。2021/12/02

さとみん

7
1巻で愕然とした非正規雇用の現実から始まり、隠された事実を経て笑顔の最終巻。「人間は、自分がされたことを別の人間にする」確かに真理ではあるが、万人にあてはまるものではない。何より自分がどんな人間かなんて、いざという時でないと分からない部分も多いのだ。竹良さんは日常からどん底に突き落とされた人間の良心の在り方を描くのがとても上手い。今作もラストまで見届けられて幸せだ。2021/12/04

もだんたいむす

5
亜害体はよく分からんままに終わったが、まぁおもしろかった。2022/01/09

毎日が日曜日

3
★★★ 完結。2021/12/04

ヤムチャ

1
他人の悪意があっても自分のやるべきことを諦めない、というのは前作と同様で、よかった。2021/12/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18736540

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

この商品を含むセット一覧

該当件数1件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす