電撃文庫<br> ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います〈7〉

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

電撃文庫
ギルドの受付嬢ですが、残業は嫌なのでボスをソロ討伐しようと思います〈7〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 12時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049151213
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 長期休暇を終えて通常業務に戻ったアリナ。帰省先ではひと騒動あったし、これでようやく平穏な日常に――戻るなんてことはもちろん、あるはずもなく……。
「今年からランク査定をクエストカウンターでも受け付けることとなりました」
 受付担当は重鎧装備が必須! 応対窓口は対属性強化ガラスで防御! 年に一度、荒くれ冒険者「全員」のランクを見直す激ヤバ業務が頭の上に降って来た!?
 でも大丈夫。アリナには残業を手助けしてくれる、ジェイドという存在が……。
「……俺、今回は残業手伝えないんだ」
 受付嬢がボスと残業を駆逐する異世界コメディ第7弾!!

内容説明

長期休暇を終えて通常業務に戻ったアリナ。帰省先ではひと騒動あったし、これでようやく平穏な日常に―戻るなんてことはもちろん、あるはずもなく…。「今年からランク査定をクエストカウンターでも受け付けることとなりました」受付担当は重鎧装備が必須!応対窓口は対属性強化ガラスで防御!年に一度、荒くれ冒険者「全員」のランクを見直す激ヤバ業務が頭の上に降って来た!?でも大丈夫。アリナには残業を手助けしてくれる、ジェイドという存在が…。「…俺、今回は残業手伝えないんだ」受付嬢がボスと残業を駆逐する異世界コメディ第7弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

28
長期休暇を終えて通常業務に戻ったアリナ。しかし今度は今年からランク査定をクエストカウンターでも受け付ける激ヤバ業務が降ってきてしまう第七弾。受付担当は重鎧装備が必須で応対窓口は対属性強化ガラスで防御。しかもこれまで残業を手伝ってくれていたジェイドに用事があり、手伝ってもらえないという絶体絶命のピンチ。残業でジェイド不在を痛感するアリスも大概ですが、四聖に会いに行ったジェイドたちも思わぬ事態に巻き込まれて、上手いこと一つに繋がった激闘の末に少しはジェイドとの仲も進展したのかな。今後の展開が気になりますね…。2023/06/10

オセロ

25
努力の末に掴み取った長期休暇(3日)を終えたアリナさんに待ち受けるのは激務と噂される冒険者のランク査定。その一方でジェイド達は強さを求めて四聖を頼ることに。 荒くれ者達の冒険者達をも恐れさせる装置でのコメディ要素も面白かったですし、アリナさんの力で強敵を黙らせるいつもの展開に加えて四聖の力で才能が開花したジェイドとの共同作業もあって良かったですが、不穏な空気で終わったので次巻の展開が気になるところです。 2023/06/11

しぇん

18
前回登場した化物すぎる剣聖との戦いに備える為、他の四聖にあう話。四聖の中でも剣性だけかぶっちきった化物のようですね。神域スキル覚醒イベント等こなしましたが、最後見るとやっは勝てる気しません……。アリナさんも、もうジェイドに完落ち寸前ですか旅行に行けるより、またまた残業が待ってそうな予感が2023/06/11

真白優樹

12
全冒険者ランクの査定と言う重鎧必須の激務が襲ってくる中、ジェイド達が力を得るために聖女の元を訪ねる今巻。―――心に願い、貫く想い。そして真の盾が目を覚ます。 今巻ではジェイドが結果的に一歩引いた態度をとる事でアリナの心が揺さぶられる巻であり、彼が強敵との戦いの中で覚醒する、という熱さ溢れる巻である。決戦に備え磨く力と得る力。その裏で剣聖の暗躍は進み、既知の相手が魔神に堕とされる。果たして悲しい決戦となるであろう中、壊すしか出来ないアリナは救い出すことは出来るのか。 次巻も須らく期待であるべし。2023/06/19

チロ子

11
楽しみにしてるシリーズ! 今回はジェイドがかなりメイン回。 アリナちゃんファンとしてはもう少しアリナちゃんも!とも思いました🤣でもすごく女の子な場面とかもあってびっくりしたり可愛かった笑 早く次が読みたいです(*^^*)2023/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21224652
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。