カドカワBOOKS<br> サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

カドカワBOOKS
サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと

  • ISBN:9784040740355

ファイル: /

内容説明

〈沈黙の魔女〉モニカ・エヴァレット。無詠唱魔術を使える世界唯一の魔術師で、伝説の黒竜を一人で退けた若き英雄。
 だがその本性は――超がつく人見知り!? 無詠唱魔術を練習したのも人前で喋らなくて良いようにするためだった。
 才能に無自覚なまま“七賢人”に選ばれてしまったモニカは、第二王子を護衛する極秘任務を押しつけられ……?
 気弱で臆病だけど最強。引きこもり天才魔女が正体を隠し、王子に迫る悪をこっそり裁く痛快ファンタジー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

61
伝説の黒竜を一人で退けた若き英雄〈沈黙の魔女〉モニカ・エヴァレット。才能に無自覚なまま七賢人に選ばれてしまったモニカが、第二王子を護衛する極秘任務を押しつけられるファンタジー。冒頭カッコよく登場したのに、実は気弱で臆病でコミュ障なために無詠唱魔術を使えるようになっただけの数字オタク・モニカ。彼女があまりに可愛い小動物系主人公な感じでギャップ萌えしますが、仕事を押し付けたドSで愛妻家の同僚ルイス、彼女に興味津々の王子たちの生徒会に入ったりで、彼女自身これからどう変わってゆくのかとても楽しみなシリーズですね。2021/06/17

南北

52
楽しく読めるし、書いている作者自身も楽しんで書いているのが良くわかる。数式や魔術式に強く、世界で唯一の無詠唱魔術の使い手であり、七賢人の1人でもある「沈黙の魔女」と呼ばれるが、人見知りで極度の口下手というのがヒロインだが、このキャラクター造形だけでも面白さが予感できる。物語は彼女が学園の生徒会長で(顔も知らない)第2王子の護衛を依頼されることから始まり、やがて悪の正体が見えてくる。王子にもまだ何か秘密がありそうだし、ヒロインの別な魅力も見えてきそうな感じがする。続刊も引き続き読んでいくつもり。2021/09/30

こも 零細企業営業

47
人見知りの魔法使いを学園に放り込む鬼畜な同期殿。ほとんど期待されてないのに護衛対象の王子にしっかりとロックオンされてしまうのが面白いが、、それを判断してるのが会計記録を読んで修正出来るからってのが面白い。アレって慣れが必要だからある程度の教養がないと出来ないから手元に置いときたいか。。それが大当たりなのが持ってるわ。。王子も魔法使い殿も、、そんな彼女を影で支える伯爵令嬢も悪役令嬢になるために訓練して、裏ではお姉様と慕うとか、、それを優しく見守るメイドさんも何とも暖かい。でも、表では辛く当たる匙加減は巧みw2021/11/26

ぐっち

40
表紙のヒロインが無詠唱魔法の七賢人なのに、ヒキコモリでかなりポンコツ。学校に通っても七賢人って全然ばれてなくて、王子に気に入られて生徒会の会計に。なんたってモニカがポンコツで目が離せないし、使い魔のネロも可愛いし、王子様をはじめ生徒会の面々もどう動くのか気になるし、動機のルイスが意外と好きだ!次も絶対読もう。2021/07/03

しまふくろう

39
表紙が可愛くて購入。挿絵も可愛かった。 物語は人見知りであがり症な女の子が重要人物の護衛に就く話。タイトルかや口絵から想像していたのとは違いすぎる、主人公のポンコツっぷりに噴き出した。稀有な無詠唱魔術を開発した理由も面白い。 ちょっと思っていたのとは違うけれど大変面白い作品だった。続きが楽しみ。2021/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17917143

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす