ビッグコミックス<br> モディリアーニにお願い(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
モディリアーニにお願い(5)

  • 著者名:相澤いくえ【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2021/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098608447

ファイル: /

内容説明

心を揺さぶる美大成長物語、堂々完結!!

美大生3人に、最後の長い冬がやってきた。
少しずつ時は流れ、卒業制作の時期が迫る―――

卒展で一番目立つ正面の壁。
その展示場所を懸け、勝負することとなった藤本と本吉。
一方、漠然とした焦りと不安を抱えていた千葉は、
自分なりの答えを見つけ、
一人富山に向かうが…

進路、創作、家族、そして自分自身に、
もがきながらも、懸命に向き合う3人。
まだ何者でもない彼らが、
旅路の果てに見たものとは――――

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すぱちゃん

37
完結巻。バカでも入れる?という東北のある美大に通う三人の男子学生の友情と成長の物語。卒業制作に悩み、葛藤し、没頭する三人。お互いの才能や目指すものの相違を感じながらも、熱い友情で結ばれていて、卒業すれば、別々の道へ進む。でも、この美大で過ごした重なりあった時間は永遠である。時には才能に嫉妬したり、励ましあったりしながら過ごした学生時代。その集大成が卒業制作という形で、目に見える作品になる。「ああ、なんだ、心の底から嬉しいと、それは悲しい時とよく似ている」。分かるような気がする。卒業おめでとう。さぁその先へ2021/05/24

気球に乗ってる人

4
ついに読みました。正直、四巻にちょっと殺伐とした空気もあったので、びびってました。結論から言うととてもよかったです。マシな感想とか言えそうにないので、とりあえず叶子の話を「うん・・うん・・」って聞いてる時の吉野さんの表情と、最後にもっくんに握手を求めたときの千葉の表情をプッシュしておきます!!ありがとうございました!!!!2021/03/18

4
卒業するまでを描ききってくれてよかった。通して作者の感覚の色彩で埋められた表紙絵が好きで、素朴でちょっとおバカな感じのする主人公たちの、何とも科白で説明しきれていない作品(を描く作者の画)が好きだった。その時点で思うものを表現しきれて良かった。作風を活かして書き続けてください。2021/02/03

3
3.5 新刊読了、完結。最終巻、卒業ということで、いつも以上にエモさ全開、ポエム感のあるモノローグ全開といった感じで、若干胸焼けするくらいだった。三人の卒制はそれぞれの個性と成長を反映していてよかったんだけど、欲を言えば千葉の「ガラスの海」だけでもカラーで見せてほしかった。そこは残念。もしノイタミナあたりでアニメ化するならカラーで見てみたいなぁ。何だかんだ言って、もっくんはもとより千葉も藤本もクリエイターとしてやっていけそう。男三人の友情を軸としつつも女子目線のやさしさも感じられる、令和っぽい良作でした。2021/03/05

chiem

3
とても良い作品でした。この作者の他の作品を、ぜひ、早く読みたいものです。2021/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17147827

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。