ビッグコミックス<br> モディリアーニにお願い(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥650
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
モディリアーニにお願い(4)

  • 著者名:相澤いくえ【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 小学館(2019/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784098603701

ファイル: /

内容説明

心を溶かす美大物語、葛藤と向き合う4集!

「ダ・ヴィンチ」プラチナ本にも選定された話題作!
人気作家・燃え殻氏によるエッセイを特別収録した第4集!!


もがきながらも、美術に目覚めていく美大生3人。
学生生活も、気付けばあと1年に。
不安と一生懸命さを抱えて、千葉は教育実習へ。
藤本は家族と、本吉は過去と、それぞれ真剣に向き合うことに。

「人はいつ大人になるのだろう」

答えなんて分からない。
でも今だけは、背中を押してくれる仲間がいる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すぱちゃん

12
三人の美大生の成長物語。千葉は色々な不安を抱えながら、教育実習に向かう。実習先の担当教員は自ら描いた失った女性の肖像画を大切にしていた。藤本は法事の場で親戚の少年に絵を教える。父親に「まだそんな線を描いているのか」と怒られるが「そんな絵」ではなく「そんな線」であったことに気付く。本吉は震災で亡くした妹を思う。それでも哀れまず普通に接する二人に、心が救われていることに感謝だ。三人とも何かを失う辛さを知っている。そして何かを得ていく。二度と戻らない今を大切にして。2020/05/07

のの

9
美しくて繊細でいろいろとやるせない気持ち、つまりそれはわたしが失くしてしまったものたちなので読むとなにやら苦しいのだな、と思った。2019/09/13

4
三人で、せいぜい学内の誰かぐらいで留めていたいたものが、あふれ出すようなことが始まっていく。千葉の教育実習の指導教師みたいな(さすがに全部自習とはならないにせよ、忌野狂志郎のぼくの好きな先生みたいな)、教えることを放棄せざるを得ない美術の先生は少なからずいたことを懐かしく思う。残り時間は多くないが・・2019/08/07

気球に乗ってる人

4
ついに美大三人衆が次のステージに一歩踏み出したようだ。めでたい。ただ、自分は三巻までの「日常の中に在る芸術家にしか見えない瞬間を描いた」みたいなエピソードが好きだった(老害並感2019/08/10

3
4 新刊読了。千葉の教育実習のエピソードや、もっくんの回想、藤本と親の関係など。もっくんの震災絡みの回想は何度も見てるけど、毎回じーんと来ちゃうなー。しかし、「絶対にそんなこと言えないけど 才能のない人が羨ましいよ」はなかなかのパワーワードというか…。まぁ持てるものには持てるものなりの悩みがあるのはわかるけど、持たざるものとしては妬まざるを得ないわな。でも実際、「才能がない」なんて、「気力がない」に比べたら全然マシ。才能がなくても続ければ少しずつでも前進するけど、気力がなくなるともう終わりだからな。2019/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13945988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。