人形の国(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

人形の国(7)

  • 著者名:弐瓶勉【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 講談社(2020/11発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065211618

ファイル: /

内容説明

復活したエスローは仲間たちと共に、リベドア帝国内へと向かう。皇帝は戦い方を変えエスローたちを迎え撃つが・・・? 弐瓶勉による新・王道ダークファンタジー第7巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

89
舞台は北合成スラブ地方からリベドア帝国へ。ストーリーが進展して目が離せなくなってきたが、ここにきてキャラの面白味も増してきた。ケーシャとエスローの間にずけずけとワサブが割り込んでくる会話がいい感じ。こっちのトリオとあっちのトリオ(ジェイト、リナイ、トオス)+アジェイトもとぼけた感じを見せてきた。帝国との争いが核心へ進む中で場を和ませる。処刑隊との対決はまさに肉を切らせて骨を断つ。ところでワサブのしっぽの意味は何だろう。ぬいぐるみのようなムグホシも加わって、さらに三つ巴の争いはどうなるか。次巻も期待。2020/11/11

荒描 / 荒猫

24
あまり強く押し出しては来ないけれど逐一ワサブ君が可愛らしく描かれているなー。変身はするけれど戦闘能力は無く、できることは飛行だけ…というのがまずなぁんか好きだし、エナ摂ってちょっと進化したかな?と思ったら「しっぽが生えたんだよ!」………( ◜‿◝ )フヘッ2022/03/15

GU

15
割とさらっと帝国内に話が移りました。今回は全体的に進行重視な感じでしょうか?勝負は一瞬というのか、割と決着はさらっといくのも変わらず。しばらくは帝国内での話になるのかな2020/11/16

イシザル

9
ぜんぜん舞台設定を説明しないから読者が置いてきけぼりにみえるが。1話読み切りのエピソードが、しっかりしてるから、舞台設定を描かないだけでしっかり決めてあると、俺は、睨んでる。2020/11/11

arianrhod

6
聖遺物捜索旅団の新しい任務AMBの回収チームにアジェイドが参加して人間味を感じるようになりました。エスローのパーティーチームは、間違いなくワサブのおかげで面白くなってきました。真地底教会の攻撃手ムグホシはヘイグス粒子が切れると猫みたいなかわいい小動物の姿になり、ムグがパーティーに参加。動物型はかわいいな。何より気になったのはプロトラクターのシーン。絵ではよくわかんなかった。祝福の甲冑におさめられたイヘマの上半身。ぜひとも暴走してカワジンをやっていただきたい。2020/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16879658

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数9件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす