人形の国(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

人形の国(1)

  • 著者名:弐瓶勉【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2017/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063907063

ファイル: /

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2022/6/22~2022/7/7】
遺跡層におおわれた巨大人工天体「アポシムズ」。危険な「自動機械」や「人形病」に侵された者たちが彷徨う極寒の地表で暮らすエオ、ビコ、エスロー達は行軍訓練のさなか、強大なリベドア帝国の兵士に追われる不思議な少女を助ける。少女から託された「コード」と「七つの弾丸」、それは世界の運命を大きく変えるものだった……!! 『BLAME!』『シドニアの騎士』の弐瓶勉が描くダーク・アドベンチャー・ファンタジー開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いおむ

63
面白い!SF感覚がビリビリ刺激されます。それに今までで一番分かり易い。やはりいつかブラムも読み直そう。2019/01/20

くりり

56
献本63/88。シドニアからの流れではあるが、「人形病」とは?「正規人形」とは?これからの展開が楽しみ♪ 2017/12/31

wata

53
人形病っていうから、もっとかわいらしい感じに思ってたけど全然違った…(;>_<;)怖い…2018/01/06

眠る山猫屋

44
デビュー作以来の弐瓶作品。随分可愛らしく女の子を描けるようになったんだなぁ。元々無機質な世界観の人だからちょっと驚きました。BLAME!では黒い闇に覆われた世界を深く旅していく展開だったが、今の所こちらでは薄雪に覆われた地表を旅しています。タイターニアも可愛らしく、エスローの主人公感の薄さを補って余りある感じ。2019/05/31

まろんぱぱ♪ 

41
ジャパンパンク‼って、どこかにあったんで読んでみた。ヘイグス粒子とかエナとか、シドニ○の騎士?の世界観のパラレルワールド?まだまだ、正体不明、ちょっと追いかけます2018/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11699024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数9件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす