小学館文庫キャラブン!<br> 大阪マダム、後宮妃になる!

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫キャラブン!
大阪マダム、後宮妃になる!

  • ISBN:9784094068160

ファイル: /

内容説明

コテコテのアラサー大阪女子、後宮妃に転生。

「理想の男性……そりゃあ、バースですわ」
 凰朔国一の豪商、鴻家の華やかな屋敷で、うっかりそう口にしたのは令嬢の鴻蓮華。蓮華には誰にも言えない秘密があった。それは前世の記憶があること。日本という国の大阪で生まれ大阪で育ち大阪で死んだアラサー女子、という前世だ。
 父親によって後宮に放り込まれることになった蓮華は、集められたたくさんの妃嬪候補たちとともに花嫁修業を始めるが、うっかり大阪弁が出てしまったり、成り上がりの娘と蔑まれたりとトラブル続き。だが、商魂たくましい蓮華は、妃になるより後宮で商売をして生き抜こうと心に誓っていた。
 そんなある日、蓮華の部屋に一人の男が現われる。不遜な態度を見せる男を不審に思う蓮華だが、ここは後宮。入ることができるのは、皇帝の天明だけだ。自分が皇帝に選ばれるわけはないと困惑する蓮華に、天明は極秘命令を下す。政治の実権を握る皇太后を倒すため、自分に協力せよ――。立場を利用して後宮で商売ができるなら、と考えた蓮華は、天明に協力を約束するが……。
 コテコテな大阪魂を持つ蓮華が、力業で後宮を変えていく!? 異色の転生×後宮×コメディ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

92
『コテコテのアラサー大阪女子、後宮妃に転生』異色の転生×後宮×コメディ!鴻蓮華は凰朔国の豪商鴻家の令嬢。蓮華には誰にも言えない秘密があった。それは前世の記憶があること。日本という国の大阪で生まれ大阪で育ち大阪で死んだアラサー女子。後宮に放り込まれることになった蓮華は、花嫁修業よりも後宮で商売をして生き抜こうとすると決意する。そんな彼女に目を付けた皇帝の天明は、蓮華に極秘命令を下し、お互い利害一致で天明と同盟関係を結ぶ。ただの駒として利用しようと企んでいた天明が、2021/09/16

あっか

69
新刊。今までにない雰囲気&テンションの中風ファンタジー♪16歳の蓮華は大阪のアラサーで商売好きだった前世の記憶がある。商才を見込まれ後宮入り、思いがけず徳妃になり事件に巻き込まれたり巻き込まれなかったり…笑 蓮香のように細かいこと気にせず楽しみましょう!笑 破天荒ではちゃめちゃな蓮香の軽快なテンポが読んでいて楽しいです!だけどきちんと後宮の裏側や政治事情もあり、後宮モノ好きを満足させてくれます。ラブは生まれるのか…?阪神に詳しければもっと楽しめたかな。地の文が急に関西弁の一人称になるのが慣れなかったかな。2020/09/30

よっち

45
大阪で生まれ育ったコテコテのアラサー大阪女子が、凰朔国一の豪商・鴻家の華やかな屋敷に住む令嬢・鴻蓮華に転生し、放り込まれた後宮でたくましく生きてゆく後宮コメディファンタジー。理想の男性はバースと公言する大阪マダムが転生した理由には笑ってしまいましたが、母・皇太后と対立する疑り深い皇帝の天明に協力し、蓮華をライバル視する妃嬪候補たちすら巻き込んで、後宮にタコパを流行らせたり妃嬪たちに野球を指導したり、やりたい放題なのに深刻な問題すら何とかしてしまう蓮華の慧眼や心意気、圧倒的なパワーがとても痛快な物語でした。2020/09/08

はなりん

36
前世の記憶が大阪マダム!豪商のお嬢さんに転生し商才を父に認められ後宮へ。陰謀渦巻く後宮?のはずが大阪弁と粉もんであっさり後宮を掌握(笑)。カラッとしていて底抜けにお人好しのヒロインが、皇帝の心も絆していくのが、安心して楽しめます。大阪弁も慣れると気になりません!ラブまで行かなかったので、続編希望!皇帝がデレるところが見たい。2020/11/22

33
後宮で暮らすことになった令嬢・蓮華(れんか)は、コテコテのアラサー大阪女子の前世の記憶を持っていて、会話もついつい大阪弁になってしまう。そんなあらすじだけでも面白そうだと思っていたけど、実際読むと抱腹絶倒シーンが目白押しだった。そんな笑いの中にも、しっかりと継承争いなどのシリアスシーンもある。…途中でツッコミ入りまくってるけど。大阪マダムっぷりをフルスイングしている蓮華の迫力はものすごく気持ちいい!あと、今後お嬢様言葉の「~ですわ↑」の発音は全て大阪弁の「~ですわ↓」に変換されるでしょうなぁ。知らんけどw2020/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16355043

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。