講談社文庫<br> 雪の王 光の剣

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社文庫
雪の王 光の剣

  • ISBN:9784065197158

ファイル: /

内容説明

天下四国は、天が王を定める東西南北の四つの国。元は南方徐国の王だった放浪者の飛牙は、最北の駕国へ足を踏み入れた。ところが鎖国状態を貫く駕では宰相の汀柳簡が権勢を誇っており、国王は傀儡と化し、国の守り手である天令・思思は鎖に繋がれていた。飛牙の相棒で落ちこぼれの天令・那兪は、同胞を救うために王城へ忍び込む。一方、宰相に目をつけられた飛牙も国難に巻き込まれ……。シリーズ第四弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミュポトワ@猫mode

53
天下四国シリーズ 4巻目読了しました。X文庫で書かれたのはここまでって噂を耳にしましたが、講談社文庫はまだ1巻残ってるから楽しみ。この巻で天下四国全部回ったことになるので、ここで終わっててもいいのかもしれないですが、どんな話になるのかな?っで、この巻は天についても色々と触れてきましたね。最終巻ではその当たりの深堀もさせるのでしょうか?あと宇春の顔の挿絵って今までないよね。少女がねずみ食ってるって文章があったので、どんな顔してるのか気になりました。次が最後だからその辺も見せてくれると嬉しいかも♪2020/09/14

dorimusi

19
個人的には寒さは着込めばいいけど、熱いのは耐えられないので暑いより寒い方がマシなんだけど、限界を超えた寒さは活力を奪うよね。だからか、全体的に暗い。人も街も空気も暗い。そして敵が爺さん。華のない話だった。 そしてもはやシリーズの特徴というか作者の特徴なのかもだけど、敵の最後があっさり。300年の妄執を感じさせないあっさりさ。淡泊じゃね?とか思っちゃう。 とりあえず次が最後なので読もう。2022/04/27

こっこ

16
 シリーズ4作目、主人公の天下四国巡り最終国の駕国でのお話。極寒の国の膿みや病みを主人公一行がどのように解決するのか。さすがに今回ばかりは無理では、と読みすすめていましたが、最後は、なるほどそういう展開になったかと。次巻で、旧友・天令の問題も万事解決できることを期待。2021/01/30

flower0824_

15
シリーズ4作目。裏雲、飛牙、那兪は、それぞれ別ルートで駕国へ向かう。鎖国により謎に包まれた北の国では、呪術を操る老獪な宰相が力を持っていた。今まで読んだ中村ふみさんの作品にバッドエンドはないので、途中どんなに危ないシーンでも安心して読めた。幼少期の寿白と悧諒のエピソードも良かった!2022/01/05

ルシュエス

15
老害のようだが、自国を何とかしたくて足掻いて、多くの死骸を築き血塗られた道を作ってきた柳簡…。同情は出来ないが哀れなヒトだ。 天の意志も垣間見えましたね。次巻のタイトル的にも…。2020/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15957845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。