講談社文庫<br> 天空の翼 地上の星

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
天空の翼 地上の星

  • ISBN:9784065189191

ファイル: /

内容説明

天に選ばれたのは、放浪の王。元王族の飛牙は、長く厳しい逃亡生活の末、仲間も理想も失い、詐欺すれすれの放浪者になっていた。ところが故国の政変に巻き込まれ……。疾風怒濤の中華ファンタジー開幕!


 天下四国(てんげしこく)――この世は、峻厳たる山々に囲まれた四つの国に分かれている。南の王国「徐」の王太子・寿白は、革命の混乱のさなかに天令から王の証「王玉」を授かったが、徐国は倒れ、国名も「庚」と改められてしまう。
 それから十年。かつて輝くほど聡明な少年王だった男は、飛牙と名乗るすれっからしに成り果てていた。天令の那兪は、飛牙の胸に眠る王玉を天へ返すよう迫るが、故国の荒廃に王の自覚を取り戻しつつある飛牙にいつしか寄り添っていく……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミュポトワ@猫mode

52
天下四国シリーズ1巻目読了しました。久しぶりにこんなに挿絵の入った本を読みました。Theラノベって感じになってます。挿絵の出来はまぁ…挿絵のある本って十二国記しか知らないので…比べちゃいけないかなって…本の内容としては、今まで読んできたファンタジーの中では一番衝撃が少なかったかも。陰謀がそこまで渦巻いていないからかもしれないですね。いつも何かしらドロッドロしてましたから。こういうゆる~いファンタジーもいいかもしれないと今では思っております。シリーズ完結まで全巻購入済みなので、続けて2巻目も読んでいきます♪2020/09/08

ゆなほし

31
逃亡生活を経てすれっからしに成り果てたかつての少年王が姿を現すが、存亡の危機に瀕する徐国を救えるのか…。敗者復活の中華ファンタジーと銘打ってあるが、確かに敗者復活で中華風ではある。しかしどこか決定打に欠ける惜しい作品だったように感じる。設定やキャラ造形など、いずれも既視感の拭えないものであったし、まずタイトルがもっと分かりやすいものであると良かったと思う。昨今溢れる中華ファンタジーに埋もれてしまう気がするが、つまらないという訳では無いので、期待は十分。2020/05/18

伊織

18
作家さん買い。毎月刊行されるシリーズもので、中華風王道復讐劇かと思いきや、捻りも効いていて読みやすかった。作家さん買いなだけに、欲を言えばもっと捻ってても良いくらい。昔読んでたホワイトハート風で懐かしい気持ちで読めた。次巻は機会があれば読もうかな、くらいなのが中村さん好きなだけに残念。2020/05/25

ルシュエス

15
話は全く違うのだけど、シリーズの名付け方が十二国記みたいな中華ファンタジー。 無法者に国を簒奪された王太子が、十年を経て王都に戻り… しっかり目なラノベで展開もまとまっていて、最後は良い意味で裏切られて良かったです。2020/08/10

イシカミハサミ

11
ラノベとしてはしっかりしているけれど、 一般文芸レーベルで読むには軽い。 というか、このジャンルには既にレジェンド作品があるので、 どうしたって比較してしまう。 逆にレジェンドのほうのすごさを再確認できるかも。 登場人物がある程度の人数いるというのは大事、ということがわかる。2020/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15414676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。