講談社青い鳥文庫<br> 夜カフェ(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

講談社青い鳥文庫
夜カフェ(6)

  • ISBN:9784065195895

ファイル: /

内容説明

あたしは必要とされてないのかな?
『夜カフェ』にも、ヤマト君にも……。

 クリスマス前。あこがれのヤマト君が一時帰国!
運悪く、あたしはインフルエンザに。
『夜カフェ』の手伝い要員にヤマト君が連れてきたのは、
おさななじみの女の子・アンナちゃん。
あっという間にみんなとなじんで、
『クリスマスナイト』の準備は彼女中心に進んでいく。
ヤマト君ととっても仲が良くて、お似合いで。
入り込むスキなんてない。
ゆれる気持ちをおさえられなくなったあたしは、ついに――。
 <小学校上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mi-cha-n

3
ヤマト君がせっかく帰国したのに、インフルエンザ!運が悪い!2020/09/21

ハナビ

2
自分自身との似ているところがたくさんあってとても共感出来る!

時雨

1
主人公の気持ちが分かりすぎる一冊! 自分の居場所が奪われてしまう…疎外感を受けて、どんどん深みにはまっていってしまう感じ…そのリアルさに何度も頷きながら、自分の経験と重ね合わせていました。 無理にいい子になろうとするのではなく、自然と「私は本当はどうしたいんだろう?」と正気に戻らせてくれる本です。 この中で描かれていることは、大人の社会でも同じことが起きています。 それで辛くなって、人間関係が崩壊してしまうことも多いのではないでしょうか。 ぜひ、大人の方にも読んでいただきたい内容です!2020/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15577123

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。