文春文庫<br> 警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾

個数:1
紙書籍版価格 ¥810
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾

  • 著者名:濱嘉之【著】
  • 価格 ¥800(本体¥741)
  • 文藝春秋(2019/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

リアル公安小説の新シリーズ始動!
この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る!

「この国に真の諜報組織をつくれ!」。
警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。
最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。

最初の事件は、国境を望む対馬。
一撃で三人を殺した黒幕は――。

大人気の青山望シリーズに続く、公安小説の最先端!