ハコヅメ~交番女子の逆襲~6巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

ハコヅメ~交番女子の逆襲~6巻

  • 著者名:泰三子
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2019/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065149638

ファイル: /

内容説明

「警察官は市民を守る正義の味方!」プリキュアと同じはずなのに・・・大人はもちろん子供にも人気がない。それでも、藤・川合のふたりは労働マックスハード!!今回も、ガサ入れ、鑑識、尾行、似顔絵捜査、通常点検、などなど、「警察」っぽい事案がたくさん! でもその裏には知られざる苦労の数々が!働いて、嫌われて、ちょっと感謝されて、今日も現場は回っています!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

JACK

15
☆ 女性のいる部屋へのガサ入れの大変さ、仕事は出来る高圧的な3人の先輩たち「チンピラ大奥」のインパクト、鑑識作業中に凄腕ベテラン鑑識官と新米女性鑑識官を演じるお馬鹿な小芝居、警察官と一般人の交際の難しさ、交通事故の恐ろしさ、似顔絵は上手ければ良いわけではない、などなど、この巻も様々なエピソードが収録されています。これだけ笑わせてくれて色々考えさせられる作品はなかなか無いと思います。2021/08/23

モルテン

15
やはり面白かった〜。交番勤務の警察官女子のお仕事マンガ。笑って笑ってちょっとウルッとなる。そして今回も名言目白押し。「振動するもの是全て性具なり」にはほんと読んでた通勤電車内てニヤニヤするのを抑えられなかった。こんなふうに笑わせながら、なのに時々、警察官の職務に邁進する姿に、そして同僚を労る姿にウルッとする。私たち市民の生活のトラブルが集まる警察。とても頭が下がります。そして、いつも読むたびに「警察官のお仕事に比べたら私の仕事なんてまだまだ」と癒やされます。ありがとうございます!2019/03/23

パンダプー

12
今回も笑った!今回は人情感動話より、かなり笑いよりのエピソードが多かった。 朝の通勤電車で読んでいたので、ニヤニヤしたヤバイおばさんとなってしまった。2019/03/22

てんてん(^^)/

10
鑑識小芝居アホすぎる。そして、本物の南係長がカッコよすぎる。交通立哨のエピソードは、川合の頑張りも素晴らしかったが、藤部長の涙とモジャ君の絶妙なフォローにじんわり。この2人の阿吽の呼吸、年季の入った夫婦みたいだな。2人とも完全否定するだろうけど。2021/07/10

まりもん

9
再読。川合の初ガサ入れでやらかしたと思ったら最後に犯人の心を動かしたりイイネ。あと何気に似顔絵捜査官になっている川合は犯人の決めてになってきている。2021/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13611995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。