俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件 (1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy

俺んちに来た女騎士と田舎暮らしすることになった件 (1)

  • ISBN:9784803012590

ファイル: /

内容説明

脱サラして農業を営む佐伯莞爾(32歳)は、一人気ままに田舎暮らしを送っていた。ある夏の夜、晩酌しようとビールを手に取ろうとしたその時、玄関の戸を激しく叩く音が…。戸を開けてみると、こんな山奥にいるはずのない甲冑を身に纏った「女騎士」が立っていたのだった。果たして彼女は一体何者なのか――!? 脱サラ独身農家×異世界からやってきた女騎士が繰り広げる、新感覚スローライフ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

36
農家のもとに女騎士が異世界転移してくる。ただ外人さんを案内してるだけ。2020/12/10

梅みかん

10
女騎士のご飯食べてる時の顔が、本当に美味しそうで幸せそう。2020/12/11

碧海いお

5
5年位前に小説家になろうに投稿された作品みたいだと思ったんですが、調べてみたらあながち間違っていなかった。 女騎士のクリスティーナが日本の田舎にやってくる。ほのぼのしている。2021/05/17

渡辺たまご

4
異世界から女騎士が転移してきた話。 脱サラ農家の莞爾の家に突然女騎士が現れる。2020/10/27

たみ

3
[kindle unlimited] 田舎のソロ農家の家に異世界から女騎士が転移してくる話。エルフとのんきに飯食ってる作品と違って「まあ普通そうなるわな」という妙なリアリティがある。あるけどそれが面白さに繋がるかというとどうなんだろう。コンテンツとして面白くなくはないと思うけどこのノリのまま7巻続くとも思えない。どこかでブレイクスルーがあったのかな。2021/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13405760

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。