ヒーロー文庫<br> 十歳の最強魔導師 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
十歳の最強魔導師 2

  • 著者名:天乃聖樹/フカヒレ
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 主婦の友社(書籍)(2018/07発売)
  • 夏休みもあと少し!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074260416

ファイル: /

内容説明

魔法学校に続発する誘拐事件。最強の魔法少女たちは女剣士と共に事件を追う!

十歳の少女フェリスとその仲間たちは、全力で魔法学校ライフを楽しんでいた。
仲間の一人であるアリシアは、魔術の実技の成績が伸び悩んでいた。
そう担任のロッテ先生から言われ、あっさり夢を諦める。
そこでフェリスは、アリシアを誘ってテテルと三人で実技の特訓をすることにする。
一方、グーデンベルト家とラインツリッヒ家の確執から、
アリシアに激しいライバル意識を燃やすジャネット。
フェリスは、アリシアとジャネットが仲良くなればもっと楽しい
学校生活になるだろうと考えてある方法を提案する。
そんな日々に、不穏な影が忍び寄ってくる。
魔法の素質がある人間を狙った誘拐事件が起きたのだった―――。

天乃聖樹(あまのせいじゅ):関東在住の作家、シナリオライター。
著書に『ファントムアーム』『スクールガールストライカーズ』『神様に転生』など。

フカヒレ(ふかひれ):関東在住のイラストレイター。キャラクターイラスト、ゲームイラスト、書籍の挿絵などで活躍中。
主なラノベ作品に『視ル視ルうちに好きになる』『0.000000001%デレない白い猫』『俺は魔王で思春期男子! 』など。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

21
フェリスがツンデレお嬢様のジャネットとお友達になるの巻きなシリーズ第二弾。フェリスが可愛すぎて悶え死ねる。こんなに可愛くて天使みたいにいい子がいたら、そりゃ素直になれないお嬢様もデレデレになるってもんよ。そんな感じで今回もフェリスの可愛さが炸裂ッ!素直になれないお嬢様の心を溶かし、ついでに家族関係も修復しちゃいます。更には誘拐犯もぶっ飛ばしたりと、フェリスは可愛くて強い。色々と謎も多くなって来たし、フェリスが可愛いのは勿論だけどこれからはゆるふわ日常だけじゃなくストーリーの方も楽しみにしたい。2018/08/28

中性色

14
膝サポーター。キャラ単位でいえばジャネット回だけど、あらすじに書かれてるほどアリシアの出番らしいところは少ないな。まぁ、可愛さを売りにする作品なんだから別にいいが、個人的には粘液でネトネトになってるフェリスの方が見たかった。しかし、そんなことが理由の父に普通に感動する娘もどうなんだ。個人的にはテテルとジャネットが好み2019/12/10

真白優樹

10
楽しい学園生活を過ごす中、仲間達に壁が立ちふさがり闇が胎動する今巻。―――どんな問題も、彼女にかかれば大丈夫? アリシアやジャネットに立ち塞がる壁も、誘拐という事件すらも、フェリスの純粋な心は解決していく。彼女を中心にチームが結成され、物語がまた一歩歩み始める今巻は、彼女達のほのぼの、ちょっと甘々な学園生活に頬が緩む事請け合いで、無自覚最強なフェリスの圧倒的な強さが光るバトルも面白い、一粒で二度美味しい巻である。明らかになった敵の名前、明らかにヤバそうな敵は今後どう動き、現れるのか。 次巻も楽しみである。2017/06/08

葛野桂馬@時津風@ハスター

7
やばい、カワイイ。ニヤニヤが止まらない。2017/06/08

tochi

7
★★★★☆ジャネット悪い子ではないけど、大変だね(笑)とりあえず、いいチームができたのかな? おもしろいけど、フェリスが「悪い人やつけてください!」って言ったら物語が終わりそうな気がする…笑でもフェリスの悪い人の概念が難しいか(^^;2017/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11916580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。