ヒーロー文庫<br> 十歳の最強魔導師 4

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ヒーロー文庫
十歳の最強魔導師 4

  • 著者名:天乃聖樹/フカヒレ
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 主婦の友社(書籍)(2018/07発売)
  • 夏休みもあと少し!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784074326402

ファイル: /

内容説明

美少女たちのお仕事体験! 冒険者ギルドで高ランクの任務を引き受けるフェリスたちだったが…絶大な脅威に直面する!

別荘から帰ってきた少女たちは、新鮮な気持ちで魔法学校の生活を楽しむ。
レポートを発表したり、賑やかなランチタイムを過ごしたり、先生との親睦を深めたり。
そんなフェリスたちが新たに挑むのは、
魔術師としての将来を考えるための職場体験だった。
いろんなことを経験したいフェリスに、フェリスが行くところならどこへでもついて行きたいジャネット、
なぜか生徒に危険なことをさせたがらないイライザ先生。
フェリスは最初の職場体験にトレイユの街のレストランを選び、
仲間と一緒にウェイトレスとして頑張る。
お嬢様のジャネットは慣れないお仕事に戸惑うが、
アリシアはそつなくこなし、テテルは縦横無尽に飛び回る。
フェリス目当てのお客さんが殺到して、レストランは大繁盛するのだが――。

天乃 聖樹(あまのせいじゅ):関東在住の作家、シナリオライター。
著書に『ファントムアーム』『スクールガールストライカーズ』『神様に転生』など。

フカヒレ(ふかひれ):関東在住のイラストレイター。キャラクターイラスト、ゲームイラスト、書籍の挿絵などで活躍中。
主なラノベ作品に『視ル視ルうちに好きになる』『0.000000001%デレない白い猫』『俺は魔王で思春期男子! 』など。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

25
バカンスを楽しんだ後はみんなで職場体験をしよう!なシリーズ第四弾。ウェイトレスフェリスに心を癒され、そんなフェリスにメロメロなジャネットと厨房に入ろうとするアリシアとそれを阻止するテテルに笑う。そんないつものノリに加えて今回はイライザ先生の過去やラスボス?の登場、そして今まで謎だったテテルの秘密が明かされたりと、物語の核心部分に迫る内容となっていたので読み応えの方も充分。まぁ相変わらずシリアスはあっさり目だが。まだまだ波乱の予感はしているし、今後は更に緩急の付いた展開になる事を期待したい。2018/09/15

TAMA

9
先生で遊ぼう、存外と心配性のイライザ先生と、ロッテ先生の大物っぷり。このお二人はこの先学校の偉い人になって生徒も学校も愛していくんだろうな。2019/07/30

碧海いお

7
ストレスなく読めた前半でしたが、後半になると空気が変わる。 黒雨の魔女は今後、登場するのだろうか?2022/03/21

nishiyan

6
バカンスから学園へと戻ってきたフェリスたち。学園の行事として職場体験することになり、ウェイトレスとなってお店を繁盛させたり、冒険者ギルドで大変なことに巻き込まれたりという本巻。イライザ先生の過去とテテルの謎が明らかになるなど見所はたくさんあるのだが、新キャラのミランダがなかなか良い味を出している。彼女が上手く物語をかき回している。それにしても皆がフェリスを好きになる理由は彼女の正体にも係わりがあるのかしら。黒雨の魔女が現れて、フェリスたちの関係に暗い影を落とすのだろうか、今後の展開に期待ですね。2018/06/21

真白優樹

5
街で職業体験に励む中、過去からの襲来者が混乱を引き起こす今巻。―――仲間を守る為見せよ、その力。今までとは違い今巻のみで事態が解決せず、強大な敵が登場すると共に新たな因縁が発生する今巻。自らの正体に無自覚なまま、規格外の力を発揮し続けるフェリス。段々と覚醒に近づきつつある彼女を襲来者は笑い、何処かの世界で何者か達は狂喜する。いつもの賑やかな平和な日常。初めてを重ね続ける彼女達の日々は、守られるのか。止める事を決意するフェリスの手は襲来者に届くのか。覚醒した時何が起きるのか。 次巻も須らく期待である。2018/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12879989

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。