オーバーラップ文庫<br> 外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

オーバーラップ文庫
外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む 1

  • ISBN:9784865543476

ファイル: /

内容説明

15歳のノートが『贈与の儀』で与えられたスキルは【地図化(マッピング)】――レア度は高いが他のスキルより使いどころがない、いわゆる外れスキルと呼ばれるものだった。
幼馴染みに見限られ、失意のどん底に落ちたノートは、冒険者として稼いだ日銭を酒に溶かす日々を送るが――そんな毎日はしかし、唐突に終わりを告げた。
「そのスキルを持つキミを、ボク達は必要としているんだ」
最強パーティー『到達する者(アライバーズ)』に所属するジンから勧誘され、ノートの運命は大きく変わり始める――今度こそ、努力することを諦めず、足掻ききろうと。
最強パーティーに入った少年が、やがて高みに至るファンタジー成長譚、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

33
努力を放棄したせいで幼馴染からも見捨てられた外れスキル持ちの少年の成長を描く物語ここに開幕。友人の勧めで読んでみたが、これが予想以上に面白くて驚いた。最初はイジケモード全開のノートに苛々するかもしれない。かくいう自分もその1人だったが、ノートが努力に努力を重ねて成長していく姿を見てあっと言う間にノートのファンになっていた。俺TUEEEのような爽快感は無いけど、胸を熱くさせる何かがこの作品にはある。ダンジョン攻略が本格化したら、きっと今以上に心踊る物語になるんだろうな。評判が良いのも納得出来る作品やね。2018/09/16

しぇん

28
上位互換まで存在する外れスキルに選ばれてしまい、その結果努力を全くせずに幼馴染の少女に見捨てられてしまった主人公。腐りながら冒険者を続けていた所に降って湧いた強豪パーティ加入の機会。唯、自分を変えたいと参加し、戦闘役でない盗賊役でも自分を変えようと修行に勤しむ巻ですね。結果ろくにダンジョンに潜ってない上、この話のラスボスがサークルの姫を超えた真の意味での傾国の美女だったのは驚きでしたが、こんなパワフルな傾国の美女なら面白くてありだなと思いました。2018/09/17

サケ太

20
外れと言われる「地図化」を手にした少年は、努力しきれず幼馴染に見切られてしまう。そんな彼を求めたのは、『到達するもの』の面々。今までの自分を見つめ直し、己を鍛えていくノート。『到達するもの』のメンバーたちは個性的で面白く、努力が報われて、モテるのが良い。今後の進展も楽しみ。2018/06/08

サキイカスルメ

19
ネメ先輩チョロ可愛い。15歳の時に与えられたスキルがその後の人生に大きく関わる世界で、レアだけど外れスキルとして名高い地図化を引いてしまったノートのお話。ダンジョンに挑むための準備段階なので、地図化の能力ではなく本人の努力の1巻でした。努力のみで、あそこまでの能力を獲得するのは凄いと思うので、それが報われたのは嬉しかったですね。よかったね、ノート。ノートはそれまでの経験と劣等感から暗い部分もありますが、ツンツンエリンに言い返したり腹を立てたりもする年頃の男の子かな。お姉さんぶりたいネメ先輩が可愛かったです2018/05/29

とめこ

15
めちゃくちゃ面白かった!外れスキルを与えられ、幼馴染に見限られどん底状態だった主人公が、自分を変えようと努力する姿が熱かったし好感が持てた。今回はノートの特訓&仲間を誑かすパーティークラッシャーの姫撃退といった内容だったので、ダンジョンでのノートの活躍が今から楽しみ。『到達する者』のメンバーもそれぞれ個性的で読んでいて楽しかった。ジン好きだ…。ヒロインだとロズリアがめちゃくちゃ好きです。あざとさMAXな姫ぶりが凄い。終盤で明かされる意外な一面も良かったです。ロズリアとノートの最低すぎる言い争い面白すぎた。2018/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12864323

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。