カブのイサキ(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥597
  • Kinoppy
  • Reader

カブのイサキ(3)

  • 著者名:芦奈野ひとし
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2018/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063106947

ファイル: /

内容説明

どーゆーわけか?地面が10倍になった広大なこの世界では、ヒコーキが足代わり!イサキとカジカ、そしてシロさんのゆったり生活は、新しい仲間・サヨリが加わってにぎやかに。そんな中、イサキの冒険心は広がって、富士山(標高約3万8000m!)を目指す旅に……!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いっちゃんず

19
1000mの断崖絶壁の鋸山への配達から始まる、富士山行。高さ10倍だから37760m(笑)そしてサヨリがやって来て始まった、カブとピッツの追いかけっこ。三浦半島から国府津まで飛ぶのに一苦労で、降ってくる雹は一粒30cm。いろいろとスケールでかい。2018/08/25

がらは℃

12
やっぱり、とっても広くて雄大な世界でなんとものんびりしていて良いなあ。オロオロとするシロさんや、後部座席でギャーギャーと騒ぐカジカが微笑ましかった。あとは久々登場のジンジャーエールで、もう満足!2010/10/28

たっきん

9
カジカとサヨリがかわいい。シロさんはほんとにステキだー。人のやりとりはほのぼのとしているのに世界がしんみりしているのがヨコハマの時からすごいツボ。綺麗なだけじゃないのがいいなあ。2011/08/18

Tatuyuki Suzuki

8
イサキが富士山に向かい、それをカジカとサヨリが追う、まったりした漫画でした。2016/10/23

安国寺@灯れ松明の火

8
高校2年の夏休みに、友達5人で富士山に登ったのを思い出します。「どうせなら!」と、JRの富士宮駅からてくてく歩いたおかげで頂上まで丸々1日かかり、そのスケールと偉容を無意味に思い知りました。若気マジックです。しかし、それが10倍の大きさになっているとは……どんな世界か想像もつきませんが、想像すること自体が面白いです。琵琶湖もとんでもないことになってるんでしょうか。鳥人間も腕がメキメキ鳴ることでしょう。2010/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/631361

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数6件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす