カブのイサキ(5)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

カブのイサキ(5)

  • 著者名:芦奈野ひとし
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2018/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063878028

ファイル: /

内容説明

なぜだか地面が10倍になったこの世界はヒコーキが足がわり。少年・イサキは、いつか見た富士山の姿に心を奪われ、冒険の旅に出た。標高3万7760メートルの富士山に近づくにつれて、知ってる空よりもっともっと高い空……もうプロペラ機では飛べない領域へ! イサキと仲間達の凸凹道中が、この世界のフシギをもっともっと広げていく!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

23
世界が10倍になった世界も五巻目に。今回はいよいよ富士山登頂へ。37760メートルって… 呼吸どころじゃないね!ネコさんもいいけど、ハナクロは忘れがたいキャラクター。みんなきっと、いつか、逢えるかな…。 それにしても、イサキの見た幻は何だったんだろう… 2012/07/24

いっちゃんず

18
自動操縦どころか感情まで持っていそうな輸送機・ハナグロ。須走からケーブルカーで向かう標高37760mの山頂。そして、成層圏を思わせる山頂(大気圏は10倍にならなかった?)。そして、山頂でネコさんに促されるままにイサキが行った「手続き」。もう、とてつもなく良質なSF。この巻で完結してもいいと思えるぐらい、きれいに締めた富士山行。あと1巻で完結、どうなるのか。2018/08/26

Tatuyuki Suzuki

12
ハナグロに乗り富士山へ!山頂に着いて手続きをする 結局、小包は謎です。2016/10/23

雲骸鏡

11
帯の世界のフシギが目を覚ます。ってのが妙に納得してしまった。てろってろだけど、技術は進んでてでもおじさんおばさんは普通で、そんな不思議な世界観も素敵です。2012/05/11

さーもんマヨ

7
A 富士山の描写が好き。落ち着いてじんわり感じる漫画です。こういう漫画がもっと増えるといいなぁ。2019/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4650475

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数6件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす