双葉文庫<br> 松本清張ジャンル別作品集 : 4 法廷ミステリ

個数:1
紙書籍版価格 ¥672
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
松本清張ジャンル別作品集 : 4 法廷ミステリ

  • 著者名:松本清張【著】
  • 価格 ¥539(本体¥490)
  • 双葉社(2017/11発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575519389

ファイル: /

内容説明

著者が著した膨大な数の短編を、ジャンル別に集めた文庫オリジナル作品集第4弾は、法廷を舞台に人間心理を深く描いた「法廷ミステリ」。全集未収録作品や、現在入手困難な作品も収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

38
舞台の時代が1世紀も離れていないというのに、このセピア感が強烈。とはいえ、リアルタイムでの思い出もあるから、既視感がたっぷり。法廷ミステリとはいうものの、検事、被疑者らの丁々発止を捉えるのではなく、関係者間に蠢く心情の綾、駆け引き等々。。が何とも仄暗く、昭和20~30年の世界が如実に映し出される。5全てはすらっと読めず、気分転換に読んだのに 逆に重苦しく、やっと読み終えて呻吟する始末。「晩景」や「脊梁」に炙り出される長期裁判事例の悲喜劇はじっとり脂汗が出る思いで読ませられた。やはり、凄い!清張さんは。2018/05/22

nekokokochi

19
清張作品は世相と絶妙な絡みをみせるととんでもない佳作になる。「脊梁」当時の”家”における女の立場がいかに窮屈であったか。何歳までも居続けられない、出戻っても肩身が狭い、辛酸をなめてまで女が守ってきたものとは、そしてあっけない結末。「晩景」特許裁判の話。大企業が個人を踏みにじっていた時代。今は少しはましになっていると思いたいが。リーガルサスペンスにありがちな丁々発止とは全く違う作品集。2017/03/28

アン

5
法廷物は大好きですが、これはいわゆる法廷シーンは出て来ず、人生の中で法廷に関わることとなった人達の話でした。でもこれも大変好み。晩景をはじめ、理不尽に振り回されるのが切なかった。2018/07/21

Ryoko

5
6作品収録された短編集。恋人を無罪にするために嘘の証言をしていた女が男の裏切りを知ったときにとる行動が納得できる「脊梁」や苦労してきた女の計算された夫殺しが怖い「一年半待て」は面白い。昔好きで松本清張の作品をよく読んでたけど読み返してみると隙がないというか細かいというか小説じゃなく実際起こったことをそのまま書いているんじゃないかと思うような作品がある。この短編集の中では「晩景」2017/03/23

triton

4
法廷物が好きなので、松本清張だけ集めたなんて!と飛び付き。古いなというのもありましたが、やっぱりおもしろい。『一年半待て』が特に良かった。次は社会派ミステリー、行きます。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11189346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。