ポプラ文庫ピュアフル<br> 英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

ポプラ文庫ピュアフル
英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ

  • ISBN:9784591150115

ファイル: /

内容説明

イギリスに留学中のカイは、居候先の家主である叔母のマリコが、自分は魔女であると書き残して行方をくらましたため、英国特別幻想取締報告局のランスと同居することになった。 夏至が近づいてきたある日、ウィッツバリーで子どもが妖精に連れ去られる事件が起こる。 取り返すために妖精の国へ赴くランス。 カイは、同行するよう報告局から命じられる――。 注目の英国ファンタジー、シリーズ第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mocha

86
今回は夏至を前にざわつくファンタズニック(幻想生命体)と、ランスの謎めく過去が描かれる。民話でよく登場する“妖精の取り替え児”の解釈が面白い。日本の妖怪も、イギリスの妖精達も、今もこんなふうに存在しているなら楽しいな。高慢なエルフのエドに振り回される中、愛らしい妖精・スーに癒やされた。まだまだ片づかない問題山積、次巻が待ち遠しい。2016/05/31

mocha

85
再読☆太陽の恵みが少ない地域では、夏至が大きな意味を持つ。妖精の国と道が通じ、不思議な出来事も増えるらしい。ようやく友人として自覚を持つに至ったカイとランス。隠し事に怒り、そのくせ自分のことは語らない二人。思いやりが足を引っ張りもすれば助けにもなる。初めて友を持ったランスには戸惑うことばかりだろう。美貌のエルフの底知れなさが覗える巻。2018/05/13

カナン

47
第二の目を持つ監視対象として始まったランスとの共同生活。その現実は生活スキルゼロな彼の面倒を看つつどんどん面倒くさいことに巻き込まれて行くカイの奮闘記。美貌のエルフ・エドや上司のハイド、苛めっ子な同僚達も登場し、夏至を目前に妖精たちの世界も騒がしくなり、人間の子供が攫われてとうとう妖精の国まで行く破目に。ランスにとって初めてのケンカ、初めての友だち。優しいは寂しい。寂しいは「あまい」。いつだって甘いから少しだけ夢を見た。古びた紫の花の髪飾りを手に女王の元へ。真っ赤な林檎を齧った君が目を覚ましてくれるまで。2020/01/18

ダージリン

33
カイは家事のスキルを上げつつ、ランスと同居中(笑)。報告局のランスの上司も登場し、関わりもどんどん増えて行く中、ランスとカイのぎこちない友情がとても良いです(なにしろカイはランスのはじめての人間の友達!)。もちろん妖精がらみの事件もわくわくしました~伏線もまだまだ有るので、続きが非常に楽しみです♪2016/05/17

あゆみ

32
★★★★★ 生活能力のないランスとの同居で家事スキルがどんどん上がっているカイ、2人のぶっきらぼうな友情がいい。愛犬のはんぺんの仕草に「癒やしだ。」ってあるのが毎回ツボ。シンシアやスーもかわいい。英国特別幻想取締報告局のハイド、エド、ジョン、ルーシーという面々も増える中、鞠子の登場がなくて残念。嫌な奴の典型とも言えるジョンとルーシーを鞠子の最強キャラで黙らせてほしかったな。ランスのことを気にかけているハイドや、鞠子の過去や現在の行方など、謎だらけ。2016/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10798709

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。