集英社コバルト文庫<br> 後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す

  • ISBN:9784086080187

ファイル: /

内容説明

凱(がい)帝国の三人いる公主のうち、今まで一度も縁談が来たことのない長女・鳳姫(ほうき)を見初めたのは、野蛮な国と名高い鬼淵国(きえんこく)の若き王・神狼。周囲が同情を寄せるなか、鳳姫は父王の命令ならば従います、と覚悟を決めていた。というのも、鳳姫は母妃の不実によって生を受けたにもかかわらず、父王の慈悲により真公主として育てられた負い目があったから…。そんな鳳姫が見つけた、真実の愛とは!? 【目次】第一章 青花は密やかに恋を語る/第二章 忘れえぬ恋とふたつの陶枕/第三章 星映しの馬は久遠の恋を誓う/あとがき

目次

第一章 青花は密やかに恋を語る
第二章 忘れえぬ恋とふたつの陶枕
第三章 星映しの馬は久遠の恋を誓う
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

71
シリーズ第4段。ヒロインもヒーローも脇を固めるキャラ達も色々抱えているものもあるし、華やかな雰囲気に反してえげつない展開もあるけれど、ヒーロー&ヒロインの心情の変化もしっかり描かれて最後にはきちんと読者を喜ばせてくれるから安心して読めます♪(蛇周王どこ行った?笑)第1作から約50年後、不義の子・鳳姫が真公主として異国に嫁ぐのか?という話。いつもに増してテーマの専門知識が豊富だった気がする!淑葉が70歳、鈴霞が40歳代…感慨深い。妹達の恋も気になるな〜。何より皇太子の遊宵!萌えをありがとう!!2020/03/28

よっち

39
凱帝国の三人公主のうち、今まで一度も縁談が来たことのない長女・鳳姫を見初めた鬼淵国の若き王・神狼の物語。少しずつ距離を縮めてゆく陶器大好きで真っ直ぐな公主と、容易には癒やされない辛い過去を抱える異民族の王の関係。いくら訳ありで不器用でもなぜこれまで縁談来なかったのか疑問でしたが、そんな状況だと来るわけないなと納得(苦笑)周囲の歪んだ想いによってすれ違う結末に終わらないか少し心配でしたが、困難も一緒に乗り越えてきちんと向き合えるようになった二人ならと安心しました。しかしそれにしてもこの一族の業は深いですねw2016/11/16

ぐっち

24
本当は皇帝の娘じゃないのに公主として育てられた鳳姫と、騎馬民族の王・神狼のお話。2人の惹かれていく様子がよかった。シリーズの中では後宮のドロドロ感少なめ。翡翠大長公主さまは結婚先で幸せにしていたと思っていたので、秘めた恋があったとは。次は遊宵が幸せになってくれるといい(不幸な女子を量産してないといいな・・・)。2016/11/06

はなりん

20
シリーズものとは知らずに、あとがきで気づく。これだけでも全然大丈夫でした。皇帝の血を引いていないが公主として育てられ、劣等感を持ったヒロインと一度愛した人に裏切られ女性不信な蛮族の王の物語。後宮も政治もゆるい感じで好きです。皇太子の不憫さと冷大学士のツッコミキャラがいいスパイスになっていて、2人の距離が縮まって行く感じが楽しめます!2020/07/19

かなで

15
再読。だんだん強まっていく鳳姫の矜持がすごく好き。2020/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11206662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。