集英社コバルト文庫<br> 後宮剣華伝 烙印の花嫁は禁城に蠢く謎を断つ

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
後宮剣華伝 烙印の花嫁は禁城に蠢く謎を断つ

  • ISBN:9784086080835

ファイル: /

内容説明

凱帝国皇帝・高勇烈は、皇后・李宝麟を嫌っていた。不仲の皇太后の息がかかった后妃だからだ。一度も床を共にせず互いに顔も見ないよそよそしい関係に嫌気がさしていた宝麟は、気晴らしに氷嬉(スケート)に興じていた時に宦官と知り合う。なぜか彼の前では自分を飾らずにいられる宝麟。だが、彼は実は同じく身をやつしていた夫・勇烈だった。互いに正体を知らないまま惹かれ合う二人は…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

75
後宮シリーズ第10弾。今まで順当に時代が下って来ましたが、第一部?完結巻?では大分時代が遡ります。名前だけ出てきて記憶も朧な(笑)聖楽帝の両親・勇烈と宝麟のお話。凍土のような雰囲気から、出会い、正体判明までの流れが好み♡本音は、真実を知った時の状況とか2人の心情とかもっともっと描写して欲しかったけど、その後の2人の健全な睦み合いwにも癒されました。悪法とか色々変えた皇帝になったんだなあ。でもやっぱり戸惑いはあるよね…何でここで一旦完結?10巻目で遡った流れは?もう1年半経つけど、義昌帝の話は読めるの!?2020/05/02

よっち

32
不仲の皇太后の息がかかった后妃・李宝麟を嫌う凱帝国皇帝・高勇烈。よそよそしい関係に嫌気がさしていた宝麟は、気晴らしに氷嬉に興じていた時にひとりの宦官と出会い意気投合するシリーズ第十弾。正体を知らないままお互いのことを率直に語る二人という展開には苦笑いで、そこからの後宮や宮廷を巡る騒動にはこの一族ほんと呪われてるのではとか思ったりもしましたが、いくつかの幸せなエピソードがあるのは救いですね。第一部完とのことですがこのシリーズは登場人物が多くて複雑になってきたので、ファンブックでも出してくれると嬉しいです。 2018/11/26

かなで

19
再読。皇帝と皇后が仲睦まじいのはここから始まるけど、やっぱり光あるところに闇があって、基本的には幸せは誰かの不幸の上に成り立っていることを忘れてはいけないのかなあ…。2020/08/02

TAMA

14
食わず嫌いだった王がなあ。腐らず(愚痴は多かったけれど)王妃やってただけでも実際「偉い」と思っていたのに「あなたたちは私の子、妹」と(ノД`)・゜・。 できた人にならないと上には立てないのね。ラジオで「想い合ってこそ暖かいの、義務感でやったら寒いだけ」って言葉がしみいる。皇太后よく頑張ったと思う。嘘妊婦そこで終わり?とか最終いろんな出来事が文章で説明されたらよくわからなかったんだけど多分おさまったんだな。途中のお互い少しずつさわっていこうとか、どういう!とも感じたけど意外とコレ色っぽいか2021/11/09

さなえ

11
いつも複雑な設定のこのシリーズ。毎回各人物それぞれに背景がある。そして毎度不器用な王族の主人公カップル。ヒロインの謎属性、今回はなんと体育。後宮はいつもドロドロでそして宦官が多い。主人公カップルのハハッピーエンドのその後が、めでたしめでたしとはいかないのも平常運転。それにしても今回のヒーロー、皇帝勇烈はちょっと子供過ぎ、前半部分は少し呆れた。2019/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13227652

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。