HJ NOVELS<br> うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

HJ NOVELS
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5

  • ISBN:9784798613277

ファイル: /

内容説明

遂に長年の恋心が実を結び、デイルとの婚約を果たしたラティナ。しかし、その直後にラティナは『八の魔王』としての自分に課せられた、逃れられない宿命を知ってしまう。自分の所為で大切な人を傷つけられたくない――その一心からラティナが自らを犠牲にする選択をしたことにより、デイルもまた、大きな決断を下す。「取り戻す。絶対に」すべては消えてしまった愛するたったひとりの少女の為に。今ここに、元保護者による七人の魔王殲滅の旅路が幕を開ける!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

34
タイトル回収しちゃいますな第八弾。デイルがラティナを取り戻すために、7人の魔王を殲滅する旅に出る話。ダイジェスト気味で倒されていくとか、魔王なのに扱いがぞんざい過ぎて悲しい。このシリーズにはシリアス展開が似合わないから仕方がないとはいえ、魔王達との戦闘描写にはもう少し力を入れて欲しかった気もします。とりあえずラティナはもう少し考えてから行動するべきだったかな。終わりよければ全て良しとは言え、今回の件は結構周りにも迷惑かけてますもんね(苦笑)魔王も倒したし、次巻は全力でイチャイチャするんやろうか。2016/11/28

よっち

33
遂に長年の恋心が実を結ぶも、自分に課せられた逃れられない宿命を知ってしまったラティナ。大切な人を傷つけられたくない思いから自らを犠牲にする選択をしたことにより、デイルもまた大きな決断を下す第五弾。ラティナの決断はやや早計でしたが、消えてしまった愛する人を取り戻せる可能性があるなら、溺愛していたデイルが取る行動は一つですよね(苦笑)その戦いが伝説になりそうとか、思わせぶりの伝聞を聞いた後の行動とか甘やかし過ぎとか分かりやすい展開でしたが、再会できたからこそお騒がせな二人はよくよく話し合うべきだと思いましたw2016/11/23

まるぼろ

22
さて今巻、八の魔王として他の魔王に封印されてしまったラティナを取り戻すべく、デイルが「八の魔王の眷属にして勇者」らしい行動を取るお話です。今巻も面白かったです。今巻はデイルがラティナと再開するまではほぼデイルが魔王を打ち倒して周る話なのでデイルの精神状況も相まって多少殺伐としてましたが、ラティナと再会してからは何時もの残念勇者にあっさりと戻ったので安心しました。親馬鹿ならぬダメ亭主度は悪化していましたが、それは仕方ないかもですね…w 他にもラティナの双子の姉である一の魔王であるフリソスの登場や→2018/02/27

わたー

19
★★★★★タイトル回収な5巻。目の前で失った、最愛の存在を取り戻すために修羅と化すデイル。まさか1冊で魔王をほぼ殲滅して、ラティナを取り戻すまでを書ききるとは思わなかった。でも、次巻に続いてしまうと、これまでのふよんとした物語を求めていた私が耐えられなかったので、この構成は寧ろ嬉しかった。2016/11/24

しましまこ

17
話は更に加速、あっという間の大団円!もっとラブイチャ&もふ見せてくれ~!2017/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11216767

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。